皆さんこんにちは。

前回投稿した「バラシ」についての記事、

釣り番組内ではガン無視されてますが、(←)

他方面では割と好評だったので続編を書かせて頂きます。

 
(ちなみに釣りには行ってます。時間の限りw)

つーかですね・・・もったいぶらずに早く書けとか

釣り番組なのに釣り関係ねー記事しか

最近上がってねーぞっ!とか言わないでね・・・

 

バラシが発生するタイミングとして大きく3つ。

1、ヒットした直後、

2、ファイト中

3、ランディング寸前(前記事で説明したとおりなので詳細は割愛)

 

1、「ヒットした直後」の場合、

「針掛かりした場所が悪かった・食いが浅かった」等の対策は先人達のアドバイス通り

「タックルの改善」が最も目で見てわかる結果に繋がります。

それでも全てのアタリをキャッチまで持って行くのは難しいですけどねw

 

・ロッドをソリッドティップ等の喰い込みが良い竿。または竿全体がしっかり曲がる竿

・伸びるナイロンリーダー

・フックが細軸・小振りで3フックとか4フックある「当たれば絡め取るように掛ける」ルアー

(バチだと、エリア10とかfeel120が該当します。)



実はこのセッティングにすると湾奥・春先のバチパターンだと

「巻き合わせ」・「向こう合わせ」で掛かるので

「ほぼ合わせなくても釣れる」

「むしろ合わせない方が釣れる」

※フックを貫通させる為に、追い合わせはしたほうが良いです♪

たまーにいる凄腕さんが語る「ショートバイトを電撃合わせで掛けに行く」ことを

全否定する位キャッチ率が上がります。

「それ、口にかかってませんよね?www」と聞いてムッとされたこともありますw

ちなみに電撃合わせが唯一必要だと思うのは寒期のマイクロベイトパターン位じゃないかな?

 

 

2、「ファイト中」のバラシについて。

このお題は正直「絶対これだ!」という正解はなかなかありませんが、

これだけは間違いないことがあります。それは・・・

竿が曲がっている状態でドラグから糸が出ていれば魚は掛かっている状態(つまりこの時はバレていない)

もうひとつ、

エラ洗い(水面から口が出ている状態で首を振ってフックをふりほどく)をさせなければフックはかかったまま

最終的にこの状態のままネットインまで至れば「キャッチ」です♪

・・・まあ、「そんなんわかってるよ」ってツッコミがうんざりするほど来そうですが、

どうかクレームは今鎖骨折れてる釣り番組の社長までお願いしますwww(お、お大事に・・・)

シーバスを釣り慣れている方はわかると思うのですが、エラ洗いは釣り人側から

十分わかる挙動があります。

それは「奥に走って(ラインを引っ張って、反動を付ける)浮上する」予備動作。

※シーバスはボラの様に真上にバキューンと飛ぶことはあまりないです。

釣り人が糸で引っ張って反動を付けるから高く飛べてしまう、と思って良いかも。

特に浅い川だと、その挙動からエラ洗いまでの動作が速いので、不慣れなうちはどうしても

バラしてしまいがちですが、それでも少しでも予防したいのなら、エラ洗いの予防は

「完全に真逆を行く2通りの方法」である程度予防できると思ってください。

ひとつ目(パワーファイト編)

通称「ゴリ巻き」

バットパワーがある竿で、ドラグは強めにして魚に一切主導権を与えること無くバリバリ巻く。

ネットインをサポートしてくれる人がいる場合、根などに巻かれたら獲れない磯の場合、

サーフ等そのまま引き摺ってこれる場合はタックルのパワーと掛かってる魚のサイズ次第ですが

この方法のがバラシは少なかったりします。

(注:巻くのを止めた瞬間、思わぬ抵抗や針穴の広がりなどであっさりバレます)

魚が「ジェットスキー」みたいに滑ってきますが、フックががっちり掛っていれば短時間で

あっさり獲れます。

問題は「魚とのやり取り」という楽しみが人によっては面白味が無い。と感じるかも。

あと、鯉とかエイとか大型の外道だと竿が折れますwちなみに私は過去、川でレンギョ、

海でキハダにブチ折られてからこの手法は極力遠慮してますwww

 

ふたつ目(死闘・激闘っぽい魚とのやりとり編w)

・ドラグはゆるめ

結構ゆるくて良いと思います。バットが少し曲がったら糸が出る位。

その「ドラグが緩いまま巻く。」が大事。

魚の口の向きが変わったり、引っ張る速度が急に変わった時にラインのたるみが出るとバレます。

「チリチリ」とドラグが出ている状態で巻く。奥に走られたら巻くのを止めて、

そのままドラグを鳴らして「ジーッ」とラインを出してあげて反動を付けさせない。

・竿は下げたまま、水面が近ければティップは水に付けたままでも良い位。

まず、ラインが水中にあるとそれだけで、特に横に走ってくれた時に抵抗(魚が疲れる)になります。

そして竿先から、魚の口まで「角度」が無いと反動が付けられないからか、

飛ばれにくく(エラ洗いされにくく)なります。

時間をかけて魚を疲れさせてじっくり、たっぷり、ねっとり楽しみましょうwww

※私的にはこの方法で釣った場合「釣った感・満足度」は半端ないですwwww

試しに私のヒット→ファイト→ランディングの模様を動画で撮って貰ったのですが・・・

竿とサオが違うだけの「ただのオ○@ー動画」でしたwww載せられないよ!w

恥ずかしすぎて見せられない!wwww

 

3、ランディング寸前

前に書いた記事の通りですね。ここでバラすとホントに悔しい。

・ファイト中無理をしなかったか?

・魚を十分疲れさせる事ができているか?

・心に余裕があり楽しんでファイトが出来ているか?

(テンパってないか?)

等の邪念はこの時だけは捨てて、ネットインに集中して下さいw

針穴の広がり、口切れの心配、色々ありますがここはもう「慣れ」です。

とにかく場数。釣って、釣って、釣りまくってください。

 

私の言う事が全て正しいとは思ってません。ぜひぜひ改善案をお伝え願います。

皆様の釣行に少しでもお役にたてれば幸いです。

 

 

~以下、読まなくてもOK~

現時点で、2018年リザルト(基本就業後、又は始業前の短時間釣行)

76釣行 8ボーズ(含:シーバスが釣れなかった)

332バイト、246ヒット242キャッチ(セイゴと外道は除外)4バラシ(バラシてます。はい。)


前回の記事以降で一番の大物はコレ↑

(ライジャケ、ダイワのウエスト式付けてますよー安心してね。腹で隠れてるだけw)

あと、今期は川シーバス狙い中にサクラマス?釣れました。

(水源的に居るのは相当珍しい場所。との事。)

地べたに置いたら即死しかねない暑さだったので、3枚撮影して元気なのを確認してリリース。


この日「シーバスボーズ」でしたが、今年はこれが一番うれしかったりしますw