はぁ…良い天気…

だな

やはり、凄いロケーションの研究室だね

だな

眼前に広がる大海原…およそ研究室とは呼べん…まるで高級ホテルのスイートルームだ…

………うむ




ウチヒサの話を軽く流しながら、広辞苑程もありそうな分厚い本に目を落とすトリシュ




…………これが取扱説明書ってんだから、どーゆー頭の奴が作ったのか少しは分かるが…開発者は誰なんだろうか…

えっ、そこ!?そこはさぁ、もう良いよ
開発者の頭もぶっ飛んでるけど、マザーの凄まじさはさらにぶっ飛んでる…


逆だよ。もう「それ」は「それ」として、受け入れるしかないし、理屈は分からないが「そうなる」んだと、心で理解するしかない


心で!?「どんな異生物同士の精子と卵子でも、細胞分裂までは促進させる」っていう機能を、心で!?
異生物同士の「受精卵」を創り出す機能だぞ!?
チートそのモノだ、あり得ない、理解出来ない…
マザーの付属機能とか書いてあったけど、マザーとは別物だよ、これは…言うなれば「イヴ」だ…


君がどう考えどう思おうが、この世界には、人間の理解の範疇を超えた現象はいくらでもある



お前には嫁がいて、俺には彼女すらいない、って事か?



……………………これ、世界に発表したら、何の賞を頂けるのかね?


賞の前に「マザー学」っていう学問が立ち上がると思う…いや、既に立ち上げたい


なる程…確かに…


「ライオン」に入るなら、マザー使わせてあげるよ!って言われて、二つ返事で入ったけどさ…



その先は言わなくて良いよ…



………



ちゃんと、マザーの根底まで聞いてから来るべきだったよね…

いや、それは聞いたじゃん。謎、って言ってたじゃん



………いや、ゴメン、そうだね。せめて、取扱説明書くらいは読ませて頂きたかったね…














取扱説明書の最後に、開発者であろう人物の手書きで「現時点、マザーでは、生命を誕生させる事は出来ない」

という文言が、殴り書きで記されている














天気の良い昼下がり

ポカポカの窓辺で、溜め息をつく「世紀の天才」2人


「マザー」が設置される研究室と6人の助手を与えられ、機密研究機関ライオンから、遺伝子操作による新生命体「キメラ」の創造を依頼された2人



6人の助手の中の1人が、2人ににこやかな笑顔を向ける



先程の溜め息より、もうすこし大きい溜め息をつく2人















『ペーター…やってくれたね…ってか、なんでここにいるのよ…白衣着て…』

「そりゃ、私が研究員だからです(笑」

『(笑じゃねーーーよ。入り口から比べてフランクになり過ぎだろ』

「まぁせめて、お二人をお出迎えする時くらいは…と(笑」

『だーかーら、(笑じゃねーーーよ』

『ウチヒサーー、口が悪いぞ。あと、基本日本語やめろ。他の研究員の方々が理解しにくい。イングリッシュプリーズ』

「あ、そこは大丈夫ですよ。日本語出来るメンバーを集めましたので」

『?』

「いや、私達の世界がもしも、何者かによって創られているとしたら…もし、その何者かが英文を書けないとしたら…」

『…ペーター…きっと神は、あなたを救うでしょう…』

『トリシュwww英語は世界で最も簡単な言語だよwww』


「『だまれ、クソ日本人』」















遺伝子操作による新生命体「キメラ」の創造を依頼された、世紀の天才2人



ウチヒサ.カツダ

トリシュ.ウーマイ



「マザー」によって創り出されたのであろう、数々の信じられない「キメラ」の標本



それらを目の当たりした2人は、次の様な構想に至る






人体に他の生物の組織を移植する場合、絶対に避けて通れない問題がある
それが、移植免疫と呼ばれる拒否反応である
人体同士の移植でもそんな拒否反応が出るのに、別な動物と人間との移植など出来る訳がない
だからこそ歴任の研究者達は「遺伝子工学的見解とその研究」に頭を悩ませていた訳だ
そして、その結果、この研究機関には奇跡の産物が産まれた
偶然の産物などと言えるモノか、コレは奇跡の産物だ
「人口着床装置」簡単に言うと「人口子宮」
この装置の開発に成功しただけで、ノーベル賞間違いなし
しかしこの研究機関はノーベル賞などどーでも良い、欲しいのは兵器となる生物だけだ
新しい生物を創造する時、何が最も難しいのかというと「倫理的問題」と「母体」である
この研究機関に「倫理」何て存在しないから、厄介なのが「母体」である
生物を産むには、当然ながら「赤子を宿す子宮」が在るのが絶対条件
しかし、いちいち生物の子宮に依存していると、せっかく創った命の卵が子宮に着床しても、母体が死んでしまったり、異遺伝子を持つ卵に拒否反応を起こしてしまったりで研究が全然進まない
しかし、この人口子宮「マザー」があれば、母体は死なないし拒否反応も起こさないし、やりたい放題だ



我々の遺伝子工学の技術をライオンは欲している

我々は「マザー」が欲しい
そしてここには、邪魔臭い「倫理感」が無い


ここでついに、世紀の天才タッグとライオンが結び付いた…訳だが…







「マザー」は、世紀の天才の想像を遥かに超えた、あり得ない存在であったのだ

良い意味でも、悪い意味でも…


良い意味としては、2人の予想をはるかに超える機能がマザーには備わっているという事
冒頭のウチヒサの言葉通り「付属機能」として「異生物同士の受精卵を創り出す」事が出来る
もちろん、それが付属機能なのだから「本来の機能」がある
それは当初のトリシュの予想「マザーは人口子宮」であるという事


そして、悪い意味としては…


『うーーーん…うん、まぁ、ご丁寧に取説まであるとは…でも、はい、概要はOK。しかし…』

「理解出来ない、ですよね?」

『もうその質問は聞き飽きた、って感じですね』

トリシュ、ペーターの会話に聞き耳を立てながら、マザーを物色するウチヒサ

『マザーによって、明らかに生命は誕生しています。大量のキメラの標本がある。にも関わらず…』

「現時点、マザーでは、生命を誕生させる事は出来ない……と、取説には書かれている」

『それもありますがね。ここからは前にここに来た時の話の続きですよ。アレだけの標本がありながら「マザーによって、命を創り出す事は出来るのか?」という私の質問に「謎です」としか絶対に答えなかったその、真の理由は何なのですか?』

「マザーを使ってみれば、それは分かります。そして今現在も、マザーによって生命を創り出す事には成功していません」

『やはり……いまいち理解出来ない点はあるが、そこが「穴」でしたか…』

「大変申し訳ない…しかし、マザーは確実に、生命の創造に成功出来ると確信しています…お二人の力があれば」


『………現時点、では…』


「そうです。マザーが創られたのは10年以上前…もはや「現時点」ではありません。説明書は過去の遺物。私達は、その説明書の「現時点」を、遥かに超越した時代に在ります…」










椅子に深く腰を落とし直し、美しく青い空を見上げるトリシュ











青く美しい空…そして海…そして、空気を読まない男の声…











『トリシュー!ペーター!コレなんだろ!?』












マザーをためつすがめつしていたウチヒサ

『なぁんか挟まってんのよ!ピンセット…でも良いけど、何か先の尖った物ある?』

ウチヒサのもとに集まる助手達、そしてペーターとトリシュ

「挟まってる?何ですか?」

『ほら、コレ、ここ』

「んーーー???」



マザーの人口子宮を形成する部分の隙間に、黒いカードの様な物が挟まっている




「ああ、コレはですね、挟まっているのではなく、コレも人口子宮を形成する一部です」

『ああ、なんだ、知ってたの』

「はい。コレはマザーが子宮として起動する時、その振動を抑える為の緩衝材だと考えられています」

『考えられている?』

「はい。説明書にこのパーツの明確な説明はありませんので、おそらくは、と」

『えーーーーー、んじゃ、まだ分からないんじゃん』

「いや、それを言われてしまうと(笑」

『言われてしまうと?』

「マザーには、そういったパーツが数え切れない程あるので、全てを完全に解明出来てはいないのです」

『でも………』

ウチヒサは、そのパーツが挟まっている隙間をライトで照らす

『ほら…』

ウチヒサの思惑、我が意を得たり!とばかりにペーター

「ミスターカツダ、その傷も、もちろん我々は検証済みです(^^」

『なぁんだ、コレも知ってたの』

「その傷が、何らかの文字である可能性も考えましたが、その隙間からでは全く分かりません。そしてそのパーツ、どうやっても抜けません。前任の誰かが今の私達と同じく、そのパーツを取り出そうとした時に付いた傷だと思われます(^^」

どう言われようが、自分が気になったら絶対に探求をやめないウチヒサの性格を嫌という程知るトリシュが、ウチヒサに精密ペンチを渡す

『ほれ』

『わお、ありがとう!でもいいや』

『?』

『すでにペンチで引き抜こうとした傷はあるんだ』

『なる程』

『うーーーん……何でペンチかね…』

『ああ………そうか…なる程。すまん』








苦笑いのペーター

我々とて、調べて調べて…調べ尽くした…
天才には、分からないかもしれないけれど…

「我々も、無駄にマザーを研究して来た訳ではありません。ご理解頂ければ幸いです…」




ふわふわとマザーから離れるウチヒサ





トリシュは、精密ペンチを貸してくれた助手の1人に会釈




『助手の皆様、ペーター、申し訳ない。我々はマザーに出逢ったばかりです。我々は「知りたい」のです。失礼も有るかと思いますが、よろしくお願いします』




にこやかに笑うペーター


「マザーは偉大であります。仕方無き事です。逆に、研究者として頼もしいばかり。歓迎しますよ」




『そして、そろそろ…時間ですね』




「はい。丁度頃合い。向かいましょうか、ベン.データとの顔合わせへ」







ベン.データ







「ライオン」の中でトップに君臨している存在でありながら、その存在すら知らぬ者が殆どである機密研究施設「賢者の迷宮」の最高責任者






彼が過去に関わっていた研究

その研究メンバー

そして、その研究の成功を確信し、その延長線を計算され創造された「マザー」








ウチヒサ.カツダ

トリシュ.ウーマイ

ベン.データ






3人は未だ『P』の手のひらの上