10月13日は、中木・入間で開催される

 

 

 

Daiwa グレマスターズ関東・東海予選III

 

 

 

に、参加する予定でし

 

 

準備は滞り無くやって、当日を待っていたのですが…

 

Challenge!! 〜準備編〜



 

 

 

昨年は予報が悪く延期となり、予備日は仕事が休めず。。。

 

 

 

結局、、、、、延期=辞退に。

 

 

 

 

今年こそは!

と、意気込んでいたのですが……

 

 

 

水曜日、木曜日とブロック大会は順調に?延期となり…

(予備日はすでに仕事の予定が入ってるんだよな〜…)

 

 

 

 

ついには、、、、、

 


 

 

 

 

 

 

 

 

今年も、縁がありませんでした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんでもって。

 

 

 

 

 

 

 

折角休みを取ってるもんだからさ、ほら。

ね?

 

 

 

どこか船は出るでしょ!

(やっぱ神子元で尾長チャレンジじゃない?)

 

 

 

 

 

 

大会が延期になるくらいだから、予報は確かに良くはないけど釣りが出来れば!

 

と思うのは当然の事ですよね?

 

 

して、船は出るようなので、、、

 

 

 

 

行っちゃいますかっ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、神子元島・沖青根!


 

 

 

さすがに平日&予報により渡船客は少なく。

 

乗船名簿を書きに行き、船長に挨拶をすますと。。。

 

 

 

 

常連のオジ様達が話し込んでいるので、聞き耳をたて話を聞く。

 

 

船長曰く、朝は下りが押して来てかなり速いかも。

とのことで、、、

 

 

 

 

タカベが何処にいるか?

 

で、大いに盛り上がっているところで1人の方が沖青根に行く、とのこと。

 

 

 

これまで10回くらい神子元に釣行しましたが、超一級と呼ばれる沖青根は渡礁経験がない事もあり…

 

 

 

聞いてみる。

 

『沖青根、フカセ2人なんですけど邪魔でなければご一緒しても良いですか?』

 

 

船長:2人、全然行けますよ〜

 

常連さん:あ〜良いですよ、ご一緒しましょう(^ ^)

 

 

『ありがとうございます、ではお邪魔します!』

 

 

 

と言う流れで、沖青根でした。

 

 

 

朝から、ガンガンに下りが入ると言うことは……

 

 

 

流して尾長!

 

 

 

 

 

Mission 1.

カメネマデナガシテリョウケイオナガヲホカクセヨ。

 


 

同行者であるJ君に、まずは釣座を選んでもらう。

(常連さんは船着)

 

 

J君は朝イチ、ルアーを投げたいから沖向きに入りたいとのことだったので、

私は上の写真の釣座①に入りMission 1.を遂行することに。

 


 

 

いざ、流してみると真っ直ぐカメ根まで流れると思いきや、ツル根近辺で緩やかに曲がり、

その辺りで失速。

 

合流地点があるものと考えるが、まずその合流点まで餌がもたない!w

 

 

 

そうでした、仕掛け。

 

グレマスターズに合わせて道糸を1.5号にしていたのですが、急遽巻き替えを。

2号にしたかったのですが予備を持ってなく、数回使って保管していた1.75号を再使用(予備は2.5号を用意)。

 

 

ハリスは2号、ウキをAsiaMP02。

ガン玉は付けずに潮受けから針までを2ヒロ取って完全にフカセて流す算段。

 

 

 

流して行く。

 

速い速い!

 

しかも本島との水道になっているし間に根もあって更に幅が狭められるので、

流れの押しが強い。

(水鉄砲は穴が小さい方が水が良く飛びますよね)

 

 

構わず打ち返して流すと、餌がきいて来たのかイサキ!

 

 

これでもイサキか!

と、言いたくなるくらい、どれだけ浮いてるの??(^^;

 

 

30分くらいで潮の中に見切りをつける。。。

 

 

 

今度は磯際。

磯の窪みなどで反転する部分を慎重に攻めて行く。

 

 

 

 

見えてくるのは、

60㎝はあろうかと言うイスズミ、餌取り、イサキ………

 

 

 

 

 

 

そして1.5mくらい?のサメ⤵︎

 

 

 

やっぱいるよねー(^^;

エサトリ交わして、サメも交わすw

 

 

でも、尾長の姿は見えない!

 

 

 

 

 

挫けず打ち返すと…

 


 

 

オジサン、おはよう!

あ、自分ももうオジサンでした…

 

 

その後は、

チビイサキ、手の平〜足裏程度のイスズミばかりが上がってくる。。。

 

 

そうこうしていると真正面からの向かい風が強くなり、辛くなったので沖向きで風を背にできる釣座探しを…

 

 

先端は波被っているし、立てるところは、、、、、

と言うことで、釣座②に。

 

ここ、しんどいんです(^^;

理由は後ほど。。。

 

 

 

釣座②は、、、

 


 

サラシなく、下り潮も止まってまるで湖w

潮も澄んでいて一筋縄ではいかない状況!

 

 

撒餌を撒くと、表層には何やら黄色いエサトリに…デカイスズミ!

中層より下に、グレっぽいのがいるけど、サイズはそこまでではないのか。。。

 

 

デカイスズミを掛けてやりたいけど、潮もサラシもないので付餌は完全に見切る…

 

 

 

 

 

 

と言うことで、、、

 

 

 

Mission 2.

スミシオトエサトリヲコウリャクシテデカイスズミヲホカクセヨ

 

 

 

この状況下。

ハリスを、2号から1.7号にダウン!

 

風も強いのでウキをAsiaLC00として、ウキゴムから針までを1ヒロ半くらいにする。

そして、針はあわせ尾長6号、口元尾長4〜6号を試す。

 

 

 

 

隣では、J君がサラシを上手く使ってデカイスズミを掛けて行く!

 


 

トーナメントTをカチ曲げる!

 

 

後から聞くとハリス2.5号だったので超強気だったらしい。

どうりでワザとらしいくらいの曲げ方と思ったw

 

 

 

 

アレ、ですよ。

アレ。

 

雑誌とかカタログで見るよーな竿曲げの写真w

 

 

 

 

コレ、タモがチャランボに絡まって手間取ってる内に結局サメにもっていかれてました(^^;

 

J君、残念でした。。。

 

 

 

さて、一方の私は。。。

 

 

タイミングとか合わせ方とか色々と試すも、如何ともし難い(^^;

雨だし寒いし、辛いし心が折れそうに。。。

 

 

 

そんな状況で、打開策を見つけて行く!

 

 

 

 

 

結局、際狙い。

 

 

オキアミを手で取ってパラパラと撒き、付餌をそっと合わせる。

間髪入れずに粉入り撒餌を3発くらい打ってエサトリを集める……

 

 

 

 

 

 

 

と??

 

 

 

 

 

 

 

来たっ!

 


 

 

さて、先ずは釣座を見てください!

 

 

どうです?

 

この角度ww

 

 

 

 

雨で濡れて磯は滑るし、真っ直ぐ立っていられないので腰は痛いし、

踏ん張るためふくらはぎパンパンです(^^;

 


 

 

 

 

 

 

やりとりの末、上がって来たのは。。。


 

 

40upのイスズミ!

 

 

 

 

 

 

これで、磯のフカセで代表的な対象魚種

 

口太

尾長

サンノジ

イスズミ

 

の、

40upコンプリート!

 

 

 

J君と勝手にコンプリート目指そうとか言ってたので、

これはこれで達成感ありますww

 

 

 

 

 

次は45upコンプリートが目標か?

 

 

 

 

 

 

ちなみに、、、、、

 

 

これより1.5倍はあるだろうイスズミは最後まで掛ける事叶わず。。。

流石に、長く生きてるだけあって頭が良いのか??(^^;

 

 

 

さて、この攻略法で……

 


 

何回かに一回は、コナガの層までエサが届く!

 

小さくても、ラインをひったくって行くアタリは気持ち良い(^ ^)

 

 

 

 

大きいのを目指して打ち返す。。。

 

 

 

 

 

結果!


 

ストレッチして、ギリギリ30ありましたww

 

 

 

 

 

 

 

沖では、コイツ

 


ツムブリ

 

 

が、群れていたようで、、、

 

 

仕掛けを入れるとすぐに…

 

 

 

ババババババッ!

っとラインをひったくって行くw

 

 

引きも青物らしく楽しいし、連チャンで掛けては遊ぶw

 

 

 

 

この日は、

足だけでなく、腕もパンパンに!

 

 

 

まだまだイスズミが圧倒的に多く、尾長はもう少し水温が下がってからが本番でしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

まとめると、、、

 

参加を予定していたマスターズが延期になったので予備日は辞退し、マスターズの代わりに神子元平日釣行で沖青根に乗ってイスズミとツムブリ釣って楽しく遊んだ。

 

 

 

と言う感じで。

 

 

 

 

 

尾長本番のシーズンが待ち遠しいですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

磯吉