【ホタルが全滅する? 裏磐梯の巨大ザリガニ】

 

福島県裏磐梯

 

裏磐梯
 

福島県屈指の観光名所である裏磐梯は、冬はスキー、檜原湖や小野川湖でのワカサギ釣り、暖かい季節は五色沼散策、檜原湖ではスモールマウスバスを求めて釣り人が集う。

P1030070
【桧原湖のスモールマウスバス】

 

夏の夜には、川一面にホタルが舞う。

 

そんな自然豊かな裏磐梯は、時代を超えてずっと変わらないでほしい素晴らしい自然を残した観光地だ。

 

しかし、裏磐梯に近年異変が起きているという。

 

なんと、ホタルが激減しているというのだ。

 

このままでは裏磐梯からホタルがいなくなってしまう可能性さえあるという。

 

いったい何が起こっているんだ?

 

川を調査すると驚くべき生物が発見された。

 

 

それはアメリカザリガニよりはるかに大きいロブスターのようなザリガニが続々と姿を現したのだ。

 

ウチダザリガニ
 

このザリガニは「ウチダザリガニ」というザリガニらしく、北海道と福島県に移入した経緯があり、いずれも深刻な被害をもたらしている種であるという。

 

北海道「摩周湖」で目撃事例のある体長1mもの巨大ザリガニは、このウチダザリガニの突然変異種ではないかと言われている。

 

このウチダザリガニは雑食性で、北海道ではマリモの被害が深刻、裏磐梯ではホタルの幼虫のエサになるカワニナという貝も食べてしまう・・・

 

その為、ホタルの幼虫は激減。

 

ホタルの数が減る一方であるという・・・

 

 

なんとかこのウチダザリガニの増加を食い止めなければならない!!

 

 

しかしどうやって・・・

 

 

ザリガニなんて水さえあればどこでも棲みついてしまうような生物だし、アメリカザリガニより大型になる為、食べる量も多く被害は深刻。

 

税金を使って駆除作業を行うにも、範囲が広範囲であるため根絶は不可能・・・

 

 

もう打つ手はないのか・・・

 

 

しかしこのウチダザリガニ・・・実は嫌な部分だけではなかったのだ。

 

 

このザリガニは・・・実はとても美味いらしい。

 

 

何という事でしょう。デカいうえに、美味い・・・

 

 

しかも、尻尾はエビの味、ツメはカニの味であるという・・・

 

エビもカニもいっぺんに楽しめる・・・なんて都合の良い生き物でしょう!

 

 

駆除しなければならない存在が「美味い」というのは、その命も無駄にすることがないので、非常に素晴らしい!

 

それなら積極的に食べて減らそうじゃないか!

 

 

そんなこんな、裏磐梯観光協会ではウチダザリガニ釣り大会等を開催し、釣ってもらい食べて駆除するという画期的な方法をとっている!

 

すばらしい!それなら私も裏磐梯に足を運び、ウチダザリガニがいるという場所で釣ろうではないか!

 

そして、腹いっぱいウチダザリガニを食べようじゃない!

 

 

そんなわけで、私は兄貴を連れだし裏磐梯に足を運んだ。

ウチダザリガニ釣り大会 雨
大雨だったけどね・・・

 

 

さっそく我々も「ウチダザリガニ釣り大会」にエントリーすることにした。

 

DSCN3903
 

竿と網とエサももらう。

ザリガニ タックル
 

RSCN4025
 

エサは「あたりめ」だ。

DSCN3917
 

そして、大会スタート。

DSCN3921
 

ウチダザリガニが釣れると言われるポイントに糸を垂らした・・・

 

 

 

 

エサを投入して数分・・・

 

 

水草の近くにエサを置いておく・・・すると・・・

 

 

ザリガニが水草から出てきた!

DSCN4068
 

少し時間を置き、ゆっくり引き上げると・・・

 

 

釣れた!

RSCN4022
 

でかい・・・

DSCN3967
 

アメリカザリガニより大型の物が釣れた。

 

 

色も、形も違って、不謹慎ながら見た事がない生き物であった為、非常に魅力的に見えてしまった・・・

 

 

このウチダザリガニ・・・姿が見えれば簡単に釣れる!

 

 

兄貴も一緒に釣る!

 

DSCN3924
 

しかし、水草や藻に隠れていて中々姿が見えず、駆除するのが難航する理由も実感できた。

 

 

結果、二人掛かりで一時間釣りをして釣った数は10匹。

 

 

 

その後、試食会が開催された!

 

 

これがボイルしたウチダザリガニだ。

DSCN3984
 

う、美味いんだよな・・・

DSCN3998
 

尻尾の殻を剥くとこんな感じ・・・

DSCN4009
 

では・・・

 

 

いただきます。

 

DSCN4011
 

・・・・う・・・ウンメ~!!!!!

 

DSCN4016
 

泥臭いとか生臭いとかそういった物は一切なく、エビの良い香り・・・味は絶品!

 

 

 

こりゃ美味いわ・・・

 

 

さて、ツメの方はカニの味という事だったが・・・

 

RSCN4064
 

・・・

 

 

うん!本当だ!

 

DSCN4019
 

カニの味・・・と言うよりは、カニの食感と言った方がよいかな?

 

 

確かにカニのツメを食べているようだ!

 

 

美味い!

 

 

兄貴も食べていて同じ感想であったようだが、ここで閃いたように呟いた。

 

 

兄貴「マチャ、これミソもうまそうじゃね?」

DSCN3994
 

マチャ「え・・・」

 

 

実は、観光協会の人に私はひっそりとミソは食べるのかと聞いた所、「ミソは食べない」と即答されていたのだが、それは「食べてはいけない」といったニュアンスではなかったため、これは良い機会だと思い、兄貴を見守った。

 

 

ジュッ・・・

DSCN3995
 

兄貴「う、ちょっとクセェ(笑)」

 

DSCN3996
 

・・・狂気の沙汰程面白い。

 

 

 

こうして、大会は終了。

 

 

しかし、私達はその後も居残りし、ウチダザリガニ釣りを再開。

DSCN4040
 

ボイル以外でも色んな料理で楽しもうじゃないかという事で、釣りを続けた。

 

DSCN4056DSCN4058
 

DSCN4072
 

釣ったザリガニは現場で〆て、氷詰にして持ち帰り料理する事にした。

注)ウチダザリガニは特定外来生物であるため、生きたまま持ち運びする事は法律で禁止されている。

 

 

さて、持ち帰ったウチダザリガニだが、本当はエビチリにして食べたかったのだが、そこまで数も集まらなかった為、今回は数が少なくても何とかできる料理・・・天丼を作ることにした。

 

DSCN4074
ウチダザリガニの下処理としては、まずボイルをしてから殻を剥くと身をとり易い。

 

生のままだと身が殻について殻が剥がせない・・・

DSCN4090
 

そんなこんな、何とかした処理終了。

天丼 準備
 

これに天ぷら粉を付けて上げると・・・・

 

DSCN4110
 

ウチダザリガニ天丼完成!

DSCN4119
 

小さいザリガニもいたので、味噌汁も作ってみた!

DSCN4116
 

ウチダザリガニが際立っている(笑)

 

店でメニューにあったら900円くらいまでなら出せそうだ(笑)

 

 

 

では、実食と行こう!!

 

 

ここで大事なのは先入観で「ザリガニは・・・」と思わず、まるでロブスターでも食べるものと思い込んで食べる事(笑)

ちなみに、北海道ではこのウチダザリガニは「レイクロブスター」の名前で食されている(笑)

 

正真正銘ロブスターなのだ!・・・うん。

 

 

では、まず味噌汁・・・

 

DSCN4134
 

ズズ・・・

DSCN4136
 

うん、普通に美味い!

DSCN4137
 

ただ、ちょっと数が足りないのと、いったんボイルした物を使ってしまったので、あまりダシが出ておらず、ほんのりエビ風味の味噌汁といった感じ。

 

ただ、普通に美味しい!

 

 

さて、いよいよメインの天丼だ!

ウチダザリガニ 天丼
 

マズイはずがない!

 

 

素材がすでに美味いのだから、私の料理の腕があまり良くなくともマズイはずがないのだ!

 

 

では、まず尻尾部分から!!

DSCN4126
 

いただきます・・・

DSCN4128
 

は~・・・・く・・・はぁ~・・・

 

 

 

うめぇ・・・うめぇよ・・・

 

天丼 うまい
 

なんだよ・・・なんなんだよ・・・

うまい 
 

箸がとまんね~よ!!!

 

 

一切泥臭さもなければ生臭みもない!

 

 

むしろ、甘海老やアルゼンチンエビ等と比べれば香りもこちらの方が良く、味も濃縮された様な感じで、断然こっちの方が美味い!

 

 

そして、カニの味がする・・・といわれるハサミの部分!

DSCN4138
 

うん・・・天ぷらにするとカニの食感って感じが無くなってしまって味も尻尾とあまり変わらない感じ。

DSCN4141
 

ただ、美味いのは変わらない!

 

 

ハサミと尻尾の味比べをするならボイルが一番って事だろう。

つまり、ウチダザリガニを一番引き立たせる料理はボイルと言って良い。

 

 

しかし、それにしても美味い・・・

 

不謹慎ながら、こんな美味いザリガニが近くに大量にいるならちょっと喜んでしまいそうなくらい美味かった。

 

 

特定外来種として生態系に悪影響を及ぼす事を懸念されている種類なだけに食べて駆除する・・・といった事は、生態系にも良いし、美味いし、財布にも優しいので積極的に食卓に並べてみてはいかがでしょう!

 

機会があったら是非食べて見てください!

 

 

今回挑戦した天丼も絶品でとても美味しくいただきました。

 

 

また機会があれば次はエビチリ、エビフライ等を含め、こんどこそ「ザリパ」を決行したいと思います!

 

 

ウチダザリガニは近年、印旛沼水系や栃木県でも発見され、生息域を広げています。

 

裏磐梯の「ウチダザリガニ釣り大会」のように、釣って食べて駆除するといった活動はどんどん応援していく必要があるように思えます。

 

そうすれば、煙たがられる存在であったウチダザリガニの命も、美味しく頂くという感謝の念に変わることでしょう。

 

 

大切な生態系を守る為に駆除が必要である事は重々理解しているが、その駆除する命も尊いものであるという事を忘れないようにしましょう。

 

DSCN4118