みなさんおはようございます。

 

今がチャン(略

9月30日(土) 晴れ 微風    干潮14:25  満潮19:51

18:00~20:30

若潮・ベタ凪ぎ。

あらかじめ、昨日程簡単には行かないと予想。

到着時、橋脚に一番近い「S席」はやはり先客が。

挨拶がてら「今日どうですか~?」「反応なしです~笑」とのこと。

下流側のお隣へ入らせてもらった。

今日の立ち位置は橋の真下になりサイドキャスト必須になるのと橋脚そのものから若干遠くなります。

しかし、奥の橋脚を狙えるので私の見解的には「A席」となります。

VJ16で5投・・・反応あったよ♪


このあと、明らかにサイズが小さすぎて乗せきれないアタリが続くも、取れない。

居ることはわかってるのでアタリを貰える範囲をよりスローに攻める為、マニックにチェンジして2匹目。


結果的にショートバイト地獄の犯人はコイツ。3匹目はサイズ大幅ダウン。


マニックもあっさり当たらなくなったので目先を変えてマリブで4匹目。


マリブで続くかと思いきや、また間が空く。沖目でボイルがあったのでマニックを遠投+引き波でバコンッ!5匹目


またシーンって沈黙。

アピール重視でレンジバイブ。6匹目。


隣のお兄さん「すごいっすね♪誰も釣れてないっすよ・・・(私の立ち位置だと一段低いので周りは見辛いから気付かなかった。)」

実は昨日も周りは芳しくなかった。

長潮・若潮の潮周りでは、簡単には行かない。

それをわかった上で、橋脚というストラクチャーはどれだけタイトに攻められるか?が勝負の分け目だと思います。

この2日間、潮周りは決して良くなかったけれどあわせて13本。きっちり結果が出せて良かったと思います。

 

タックルデータ

ロッド  ダイワ モアザンエキスパート 87LML アーバンサイドカスタム

リール ダイワ イージス 2505F-H

ライン よつあみ upgradeX8 0.6号

リーダー クレハ「これはシーガーではありません」10LB

ルアー

コアマン VJ-16

DUO マニック115

マングローブスタジオ マリブ78

バスデイ レンジバイブ70