夏チヌ

 

 

 

なんて言い方があるかわかりませんが?

 

 

 

ここ数年の私にとって、

 

 

 

夏の休暇+帰省=チヌ釣り

 

 

 

という方程式が確かに存在しておりまして。

 

 

今年の夏はついぞ、その解(チヌ)を求めることができず。。。

 

 

 

東京に帰還し、私はLINEで釣り友のまっさんに山口のチヌ釣りの写真を送りつける。

小さいけど〜釣ってきましたよ、と。

 

実はこのまっさん、

 

 

ゴミ捨て下の磯

 

 

にて出逢った方でして。

 

 

 

 

そう、ゴミ捨て下の磯といえば……先の記事でご紹介したIさんと出逢った場所。

 

 

過去記事

再会を誓った再会



 

 

私がチヌ釣りからグレ釣りにシフトして、初めて挑んだ日に出逢ったのです。

 

私にとって、ゴミ捨て下の磯は…まさしく、

 

 

 

 

出会い系の磯!

 

 
まっさんは、自他共に認めるチヌラーでございまして。

 

 

チヌを愛してやまない釣り師。

そんなまっさんにチヌ釣りの写真を送りつけるって言うのは、、、

 

 

もちろんそう言うことでw

 

 

え?いやいや!

誑かそうとは考えていませんよ。。。

 

一緒にどうかな?と考えてです。

 

 

 

そうすると、まっさんからブログを通して知り合った方と釣りに行く、とのこと。

 

 

 

おや、先約でしたか(^^)

 

 

 

折角なので3人で??

と、まっさんがその友人Kさんと私をLINEに誘ってくれまして。

 

 

 

いや、本当に今の世は便利ですよね。

人と人が繋がる事が、こんなにも簡単だなんて。

 

 

もちろん、良い事ばかりではないでしょうが釣行日までに既に昔からの知り合いのように、

会話を楽しんだりして。

 

 

 

そんなこんなで、2日前。

 

 

まっさんから、娘が熱を出して寝込んだ。

と、連絡があり。。。

 

 

まだ2日あるから…とのことでしたが熱が上がったり下がったり、、、

おまけにお腹も壊しているようで。。。

 

 

 

早く良くなると良いですね!と、フォローしつつ出発日を迎え、

そして、まっさんからLINEに…

 

 

 

『気をつけて行って来てください』

 

 

 

と。

 

 

 

 

 

 

 

 

あ……

 

 

 

 

 

まっさん、 今回は残念でした。。。。。

 

今度ゆっくり時間が取れたら、神子元でもドット島でも、はたまた出会いの場・ゴミ捨て下の磯でも、どこでも良いので釣りに行きましょう!

 

 

 

同じ子を持つ親として、、、

 

 

 

『楽しみ(釣り)より子供の看病を取る。』

 

 

 

当たり前のこととは思いますが、、、

その当たり前の事を当たり前に判断できるまっさんを、私は尊敬します!

 

 

 

釣行+子供の病気=看病

 

 

 

 

そんなこんなで、まさかのKさんとの2人釣行に。

 

 

 

今回は、聞けば難しいと言われる、、、

 

 

 

難攻不落の要塞・城ヶ島の磯

 

 

 

 

に行く事に。

 

 

私も過去1度だけ行きましたが…

 

表側の磯のエリアは湾を挟んで東と西の大きく分けて2つに分かれており、前に行った方面ではない…

ハイシーズンでは釣り場確保もままならない程競争率が高いらしい東側の雛壇・四畳半方面に向かおうとのこと。

 

なので、、、

 

 

 

城ヶ島駐車場に午後11時集合

 

 

私は、いつものように、

 

 

 

『5分前集合、の5分前』

【釣行記】有るべき所に、有るべきモノがない時。あなたならどうしますか?? 〜荒天の神子元島〜



 

 

 

よりも、思ったより早くに駐車場に到着w

 

そしてのんびりKさんの到着を待つ。

 

 

 

 

このKさん、『ダンゴ釣り師』とのこと。

 

 

私のダンゴのイメージと言うと?

 

紀州釣りとかダゴチン。

 

 

いずれも、チヌを効率良く釣るために考案された手法かと。

 

 

チヌは、グレのように浮くこともありますがフカセでも底ベタの方が釣りやすかったりしますし、

これらの手法はいずれも底ベタが基本。

 

 

ですが??

 

 

 

聞けば、

 

 

 

ダンゴでグレ狙い

 

 

 

とのことで、もはや私の頭の中は……

 

 

 

 

ダンゴ+???=グレ

 

 

 

 

仕掛け、釣法に興味が湧いて仕方がありません!

 

 

 

 

Kさんが登場し、挨拶を交わして準備していざ釣り場へ。

 

 

今回は、Kさんの希望で猪ノ子島前を目指しました。

(分からないので丸投げw)

 

 

流石に真夜中の磯。

 

 

右も左も分かりませんが(初めてだから当たり前w)、小さなランプの明かりを頼りにKさんの後をついて行きます。

 

 

 

幾らか遠回り?したとのことでしたが無事に到着。

 

さすがに真夏、人気磯といえど日が変わる前には誰もいません。

 

 

 

久し振りの背負子に気合を入れた荷物、寄る年波には勝てないか?

風もなく蒸し暑くてすでに身体中汗だく。。

 

 

 

猪ノ子島


 

 

離れになっており、渡船で渡れるとのこと。

この日、ルアーマン2人組が居ましたが、離れとの水道を渡って入っていたようです。。。

(渡って帰るところを目撃)

 

 

 

釣り座は、猪ノ子前の離れ


 

 

こちらは離れと言っても50cmもない溝を跨いで渡るところでした。

城ヶ島でも一等地らしく、なかなか入れない磯、とのこと。

 

 

夜釣りも少しやりましたがドラマも無く…明るくなって私はフカセの本番へ。

 

 

一方のKさんは、


 

 

ダンゴ釣り

 

 

 

を開始。

 

 

 

 

フカセをやりながら、チラチラと見学。

 

ゴルフボールくらいのダンゴ、浮力の大きそうな棒ウキにウキ止め。

ダンゴの重みで遠投も楽々か、、、

 

ははぁ〜なるほど!

 

 

 

そして、Kさんには申し訳ないくらいダンゴ釣りについて聞き倒して行く私(^_^;)

興味が湧くと止まらない、悪い癖w

 

Kさん、すみませんでした!

 

 

 

ダンゴ釣り、

釣る事を最優先したらこうなった、的な無駄の無さが光ります。

 

 

撒餌を撒くフカセとは異なり、完全同調!

というよりダンゴが餌なので同調どころの騒ぎじゃないw

 

 

ダンゴの中に隠された針を、ダンゴをかじってたら食べちゃった的な?

棚さえ取れれば、餌取りも関係なく最早無敵

 

 

 

私、手技手法、釣りは様々に異なれど、釣法は世界観との認識を持つ。

 

 

 

ダンゴ釣り、狙った魚は逃がしません。

 

 

ですね。

 

 

 

 

 

一方で、フカセ釣り

 

重たい荷物となる撒餌を撒いて、

 

 

潮を読み

仕掛けを意のままに操り

棚を探り

撒餌と同調を図り

餌取りを交わし

狙いの魚に付餌を届ける

 

 

この不自由さ!

 

 

 

フカセ釣りとダンゴ釣り。

 

どちらが優れていて劣っているのか、、、そう言うことではなくてやはり世界観。

 

 

 

 

ダンゴ釣りは、結果を重視した釣法

 

フカセ釣りは、結果までのプロセスを重視した釣法

 

 

 

 

私は、頑張って餌を撒きました。。。

 

結果、、、

 


 

 

30は越えたものの本日唯一のグレ(^_^;)

 

再現性がなかったし、所謂釣れちゃったってやつです。

しかし…餌取りは多いが1日を通してコッパさえ見えず、グレっけのなさと言ったら。。。

 

 

 

城ヶ島は、東京湾の出口付近、、、

三浦半島と房総半島との間が最も短くなる近辺にあり、東京湾の影響を強く受ける海況になると思われます。

 

 

関東地方では、ん10年ぶりの?10何日連続の雨?、などと天気予報で言われていた。。。

東京湾は流入河川が多く、シーバス釣りのメッカでもある一方で。。。。。

 

 

 

 

雨水+東京湾=水潮

 

 

 

 

が、心配されまして。。。

 

比較的塩分濃度の濃い海域を好むグレには……

 

 

チヌやらシーバスは良いんですよ。

でもね、グレはね。。

急な変化が何よりね。。。

 

 

その結果?なのかは分かりませんが、、、見苦しく最もらしい言い訳を書いてみた次第。

実際、この時期にしては水温が低い印象で…

 

 

 

 

餌取りと、難しい潮に手を焼く私の傍らで、、、

 

ダンゴ釣りのKさんは明らかに数多く竿を曲げていました。

が……

 

 

 

ダンゴ釣り+城ヶ島=バリ(アイゴ)

 

 

 

で、やはりグレは……

 

 

 

 

 

 

私には、

 

 

 

城ヶ島+夏=完全敗北

 

 

 

やはり、噂に違わず城ヶ島の磯は私にとって、

 

 

 

 

難攻不落の要塞

 

 

 

だったようですね。。。

 

リベンジ、果たせるのか。。。。。

 

 

 

 

 

まっさん、今回は残念でしたが…今度行きましょう。

Kさん、この度はありがとうございました。ダンゴ釣り、大変興味深かったです。また、ご一緒させて下さい。

 

 

 

 

明くる日、久し振りに気分転換のため車内を掃除。

 


 

これで、また気持ち良く釣りに行けます。

 

 

 

 

〜今回の教訓〜

・フカセは明るくなってからに限る

・もう三浦ではチヌかグレか迷わずグレにせよ

 

 

 

 

 

磯吉