某SNSで話題になっていた豊洲ぐるり公園へ行ってきました。

まだ一周ぐるりと回れないけど「ぐるり公園」

豊洲市場はどうなるのかわからないけど最寄り駅は「市場前」

なにかとツッコミどころは満載ですが・・・笑

公園そのものはトイレは綺麗でしたし、有料ではありますが駐車場もあり、広くていい感じです。

 

ところでみなさん、はじめて行く場所の釣りって色々「迷い」ません?

仮に「ルアーでシーバスを狙う」と決めていたとしてもですよ。

・竿の長さ(結果的に合わせるリールとラインは竿次第)

・ルアー

・狙う場所(立ち位置と通すレンジ)

これらを色々試そうと思っても1度の釣行の時間内で出来る事は限られている。

それなら、どうするか?

半年ほど前、釣り番組ライター明時菜前くんに「てめーみやもんこの野郎!湾奥で釣れても湘南シーバスは甘くねーぞっ!俺の地元で釣ってみんかいゴルァッ!」と言われて挑戦した湘南シーバスを釣った時の釣行前のLINE ↓


※↑ただし、これは冬~春先の基準としての選択肢。

「ある程度予想して、釣り方を決めて持っていくものを限定する」

という事で持っていくルアーを厳選する。

今は盛夏。春先とは違い、表層1本という訳にはいかない。そして狙う時間は朝マズメであることを考慮して選ぶ。

エリア10

サスケ

マリブ

アルデンテ

X80SW

レンジバイブ

ローリングベイト

VJ16

PB-20

ワーム各種(当日持参したのはミドルアッパーとミニカリ)

東京湾でシーバスをやるのなら皆、似たような選択肢じゃなかろうか・・・?

自分としては相当厳選し数を絞った方だが、それでも1日の釣行で全種類投げる事は少ない。その場合は「釣れていない」と言う事でもある(苦笑

実釣

8月14日(月) 小潮 干潮3:00 満潮9:12 微風。小雨混じり

2:00~5:00

釣り場に到着。AM2:00、予想よりも早くついた。

潮位は下げ切り寸前。さらに下がる所だ。今張り切って投げても釣れる気がしない。

時合いが来るとしたら夜明け頃の上げ潮が効き始める4:00~4:30ってところだろうか?

手始めにマリブ68を選択。釣る為では無く潮流の調査が目的。

2~3投するたびに20m程移動。とりあえず全域投げてみた。

小潮なのに全体的に流れが効いている。バチ抜けシーズンに時合いが絡めば全域で釣れそうな気がする。

次、ローリングベイトで牛歩テクトロをしてみる。浅い!下げ切りだから、というのも考慮しても余程の好条件が無ければヘチに大物がつくことは考えられないなぁ・・・とテクテク歩いてたら、

「モモモッ!!!グイーン」

エイでした・・・小型とはいえトゲは危険。ネットでルアーをつついて外しました。

ちなみにベイトは全域びっしり居た。多分イナッ子。

この時点で3:30過ぎ。いったんトイレに行き、戻ったところで、南西の角あたりに釣り人発見。

私より若干ご年配のおじさま。装備的に「ガチ」でやってるのはすぐわかった。

挨拶し、お話を聞いたところ、この近辺には歩いてこれる位の近所にお住まいらしい。

元々、この近隣を長年通っているそうだ。公園が出来るちょっと前からここの上流域にあたる隅田川の名ポイントが釣り禁止になってしまったのをきっかけこの公園へ通い始めたとの事。

 

 

以下、聞いた情報。

・やはり今の時期、ベイトはイナッ子とサヨリらしい。水面を埋め尽くす程居るので、ボイルがあって確実にシーバスは居るとわかっていても喰わせるのは難儀。

・ボトムを攻めてるとエイか釣れてもセイゴサイズなので(選択肢から)捨てている。

・今まで色々試したが、全体的に東側より西側の方が釣れている。

・今日は浅すぎて釣りにならないが、西側のゴロタエリアは結構釣れる。ただし、橋脚近辺の立入禁止エリアに入ると警備員が来てお叱りを受けるらしい。(逆にそこより南側のゴロタのシャローエリアは入っても怒られない。ただし「滑らない靴」が無いとまず行けない。・・・あらかじめはじめての釣り場だったのでスパイクは履いていたが雨が降っていたのと浅すぎるので今回は見送った。)

・自分(このおじさま)はメインで小型のバイブレーションを使っている。早巻き気味で比較的表層を通しているとフッコサイズやチヌがよく釣れるらしい。

 

以上の生きた情報をと自分で調べた内容を踏まえ、選択肢はかなり絞られる。

結局ここは東京湾の湾奥で、やることはいつも通りで良さそうだ・・・と思った。

4:00頃再開。小雨混じりの曇天のせいか、まだ明るくならないので再開後マリブで表層を通し「イナッ子の群れにぶつけながら群れを散らして、喰わせる」作戦実行。

群れにルアーをぶつけると「ズシャアアッ」と慌てふためくイナッコ・・・何匹いるんだこれ?

数投やっているとシーバスのボイルが出始める。が、喰わない。

ここのイナッ子、ひと群れで1000匹とか余裕でいそうだな・・・?その割にはボイルが少ない。

絶対数が少ないのか?

それとも表層まで出なくても捕食が可能なのか?

マリブではアピールが弱いのか?

それともスピードが遅いから見切られているのか?

レンジが合って無いのか?

わからないまま徐々に空が白み始める。

次の選択肢 VJ16を選択。

ルアーチェンジをする理由は「マリブより若干下の層を、マリブより早く通せる」から。

かえて2投目、結構沖目で「ドンッ!」

あげてびっくり、7匹ほど口からイナッコがこぼれて来た。腹もパンパンだっ!


(おじさまに撮影協力してもらいました。感謝)

正解は何処にあったのか?それは魚にしかわからないが、意図してルアーチェンジした直後のヒットは嬉しいぜっ!

リリース後、雨が本降りになってしまいゲームセット。

嗚呼、もう後10投、いや5投でいいからパターンだったのか?まぐれだったのか?検証したかった。

まぁ、いきなり正解が見つかるなんて思ってはいない。いずれまた来ようと誓った。

今は釣れてくれたことを素直に喜ぼうと思った。

 

タックルデータ

ロッド:ダイワ モアザンエキスパート87LML アーバンサイドカスタム

リール:ダイワ イージス2505F-H

ライン:よつあみ upgradeX8 0.6号

リーダー:クレハ 「これはシーガーではありません」10LB

ルアー:

タックルハウス ローリングベイト77(エイのみ)

マングローブスタジオ マリブ68(ノーバイト)

コアマン VJ16