初の高磯へ、先日海外テトラでご一緒したミノルさん、飛龍さんと行って参りました。

夜は子供と共に就寝し、朝2時過ぎには目が覚めてしまったので少し早かったですが、高磯の玄関口となる松輪漁港でメバリングでもしてみるか、と思い立ったので4時現着で動きました。

さすがに朝は寒く…漁港内に人はいますが釣り人は皆無。
とりあえず支度を済ませ漁港を歩き、キャストします。
足元には何やら小魚の群れ。
外灯の切れ目の暗がりでボイル!
投げる!も、届かず。笑
仕方ないので、カウントダウーンで棚を探って行きますが反応なし。。。
寒いしやめるか〜って時に限ってブルブルっ!とあたり!
が、乗せきれずアウト。。
このまま初ゲットしちゃう?と期待を持ちキャストしますがそこからは反応がないため、メバリングしゅうりょー!

マキエの準備、荷造りが終わる頃ミノルさん到着!
飛龍さんから、少し遅れるとの連絡あり、釣り座確保のためミノルさんと2人で背負子部隊結成です。笑
なんやかんやお話しがら、10分くらい?で到着。
前方の良い場所が取れたので別れて支度をしてると飛龍さん到着!

私の釣座

1
右手には

2
飛龍さんが、

そして、左手にはミノルさんが(^^)

3
支度を済ませ、少し明るくなったので、
『お手柔らかにお願いしまーす!』と記念すべき高磯&DXRでの第1投目!!

竿 DXR 1.25 5.0m
リール インパルトISO
道糸 1.75
ハリス 1.5 4.5ヒロ 直結
ウキ 0α
ハリ グレ針 5号
ツケエ オキアミ(生自作加工)

ウキは見えません、のでラインでアタリを。。。
すると、スプールで押さえたラインを弾くアタリ!
電光石火の合わせで1投目でメジナゲット〜
飛龍さんも横から『幸先良いですね〜』と。(^^)
1.25号だからか、楽しむ間もなく手のひらメジナがあがってきます(^^;;

しかし、この後に起きる悲劇をまだ誰も知らない……

釣りの方は調子良くメジナが釣れます。
左への緩い潮、0αが良い感じでシブシブでシモリ、馴染み方が良い感触。
そんな時は手のひら、手のひら、木っ端、手のひらが…うーん。笑
少しマキエと仕掛けの入れ方に変化を付けると?
きました、足裏。
チヌラーとしては胴に乗せてやり取りしたいのですが、あっけなく降参して浮いて来ます(^^;;
ちょっと楽しさ低減か??

その後、ウネリが強くなり、沖には潮目、左への早い潮が流れ始めました。
0αだと潜り潮で入り過ぎる感じ、食いが悪くなり。
ウキ変更!
0α→0
うん、良い感じ。
一発回答でウミタナゴ。
その後、足裏で模範解答頂きました!

せっかくなので、沖の早い潮を狙うかということでここから迷走。笑
隣のミノルさんはサラシ際を丹念に探るようです。

ウキを0→0α→00で、それぞれノーガンとガン玉打ち(G6)で、
上から下まで探って感触を掴もうとキャストキャスト、パラパラとラインを出して沖の方まで流すも沈黙。。。
しまいにはツケエが残ってくる始末。
魚いないのー??
最後は00にG6段打ちという暴挙に出て、敢え無く根掛かりウキロストー。泣

ミノルさんから、『仕掛け入れ込むねー!』
あ、いや、根掛かりしました(^^;;

釣果の軍配はミノルさんに上がりましたね(^^)
連チャンモードに入ってました!
この辺りは経験値ですかね。
勉強になりました。

中略

12時を過ぎ、左への潮が逆向きに。
私の釣座からは釣りやすい状況で、こうなってくると0αでの釣りが全開です。
調子に乗って、マキエも残り少ないなーと釣りしてるところに…

突然、ビューっと突風が!!
ウワッとなってるとボチャンと嫌な音が海の方からー!
えっ?っと足元を見るとバッカンがございませんではないですかっ!!
慌ててタモ網で掬おうとしますが入るはずもなく。。
飛龍さんと入れ替えで入っていた見ず知らずのお隣さんもタモ網を持って駆けつけてくれましたが、サラシもきつく潜り潮が効いておりみるみる沈んでいきます。。。
あ〜、、、っとなってると事態を察したミノルさん、飛龍さんも駆けつけてくれましたがもうすでにバッカンは海の底へ( ; ; )

不注意とは言え、海へ釣具を不法投棄してしまうという最悪の結果となってしまいました。。。

戦意喪失、上がることにしました。
助けに来てくれたお隣さんに一言お礼を、ミノルさん飛龍さんにもすみません上がりますと声をかけ、初の高磯を後に帰路につきました。

4
沖磯に向けた予行演習のつもりでしたが、少々浮かれ過ぎだったようです。
自分が落ちなくてよかった、そうミノルさんに言って頂けましたのでその通り、と猛省です。
そんなミノルさんにも実は悲劇があり。。
それはご本人のブログでどーぞ(^^;;

5
本日のお持ち帰り。
最大27センチ

皆さんも、釣行の際はお気をつけくださいませ。。。
駄文、長文失礼しました。

転載元記事:銀狼釣行日記