おはようございます。








昨日は大分の坂ノ市横一文字堤防で開催されたマルキューチヌ釣りフェアin坂ノ市に参加してきました!






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【今釣行の潮】
大潮
満潮 07時32分 21時06分
干潮 02時07分 14時10分


【今回のタックル】
・ロッド 「紫電1.2号-530」
・リール 「BB-XラリッサV2 C3000DXG」
・道糸 「GT-R ピンクセレクション6lb」
・ハリス 「Lハード1.2号、1号」
中ハリス4ヒロ
食わせハリス2ヒロ
・ウキ 「大征黒00、沈め、R-G00」
・ハリ 「速攻チヌ2号、勝負チヌ1号」
・潮受け 「スクラムストッパー」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~








受付は朝3時半。
93名の方が参加されました。









自分の引いた番号は23番でした。











しばらくいろんな方とお話して、午前5時頃出船しました。











港を出てから約3分ほどして、目的地の横一文字に到着です!





皆様、そそくさと準備を初めてから自分の位置について開始の時間を待ちます。










堤防沿いを覗いてみると、当たり前のように40cmを超えるチヌが群れで浮いています(≧∇≦)





その後もしばらく観察していると、30~50cm弱までのチヌが良く浮いてくる姿が見えますので、魚影が濃いのは確かなようです。




これが不思議なことに落とし込みなら簡単に釣れるらしいですが、フカセ釣りだと釣れないのです(┯_┯)












今回のバッカン周りはこんな感じです。



エサは豊富にしており、細かくローテーションして行きます。











ちなみに自分の左側2人挟んで、しゃがまれている方は友達の「こーへい」さんです。





家が坂ノ市から車で2分の場所にあるらしいです(笑)





記念に僕を撮ってくださいました(笑)








開始まで時間が余るので、朝焼けもパシャリ。






しばらく「こーへい」さんとお話して、大分の釣りについて少しは学べた気がしました。









そして、参加者全員の準備が整ったので予定より時間を早めて6時10分からスタートです!








最初の仕掛けは大征黒00でしたが、1投して明らかに流れが早くて馴染む前に隣との境界線の15mに到達するので、すぐに大征黒沈めに変えて流していきます。








潮は上の潮が右から左に速く、下はゆったり右から左に流れていました。





開始から底まで一気に沈めて反応を伺いますが、サシエが取られません。






そんな苦戦の予感がしてきた最中に、自分の2つ右隣の方が掛けました!




これは本命チヌの良型でした。










みんな周りの方々も触発されるように気合が入ります。









隣の方も何やら掛けておられましたが、良型ベラでした。。。















上潮がかなり速く、道糸が左に膨らみやすいので投入直後に竿を海中に突っ込んでリールを巻き、道糸を沈める作戦を実行します。





これで多少は仕掛けの馴染みをサポート出来るようになりましたが、仕掛けが底まで達していてもサシエは全く取られません。







マキエは先打ちして、仕掛けを被せ、後打ちも被せます。









水分を補給して周りの方の釣りも見てみると、近くの方が掛けまして、チヌゲットです。






ちなみに今回のチヌ釣りフェアの役員の方は参加者15人程につき、1人の割合でついていたので、何かあれば長~い堤防を自転車で駆け回っておられました(笑)







実釣中はドローンによる空中撮影も行われており、しばらくしてからYouTubeにその模様がアップされるようです。












さてさて、釣りに戻りますと、上潮の滑りは少し緩やかになり、底の潮の右流れが少し強くなったように感じます。







これで少しは流す時間も長くなり、チャンスは増えるのですが、本当に、本当にエサが取られんのです(^_^;)










ウキを釣研のR-Gの00にして、(ボディーが大征黒よりスリムなので沈むのが速い)探ってみますが、やはり変わらず、、、




何故かエサ取りすら釣れません。。。











あまりにも釣れる気がしないので、残り3分の1の時間は内側を狙ってみることにしました。





ここでは上潮が左から右に速いものの、底潮がかなり強く右から左に流れていました。








「こーへい」さんも内向きで狙います。








しばらく20mエリアを重点的に攻めるのですが、アタリは無く、エサも取られません。





1度だけ、誘いを入れたら竿先にコツッとアタリがありましたがチヌでは無さそうです(^^;)










マキエが足りなくなりそうだったので、少し小休止して頭の中をリフレッシュします。










そして、時間も残り30分になり、会心の一撃に期待して流していきます。







すると、いきなりラインがバチバチィ~!!!
と、はじけ出たのでやり取りすると、ん?軽い……















君かよぉ~……





この魚体からは想像もつかないパワーでひったくったのに(笑)










そして、ラスト20分。


「こーへい」さんのお友達の方が、ラストでやりました!


これは40cmあるなしのチヌだったそうで、最後にやる男ですね!












終了5分前、マキエも切らして食い渋りイエローだけ20mラインを流しているとラインが一直線になったのでアワセると何かしたら針に掛かったものの、すぐに針外れ( ;∀;)







恐らく25センチほどのアジだったでしょうが(笑)










これにて大会終了でございます。








チヌ釣り(ウキを沈める妄想世界)が苦手な自分にとっては掴みどころのない釣りになりました。













ションボリと港に帰って参加賞のトートバッグをもらってきました。










うわもっちゃんさんもアラカブのみ、M田さんはアタリもなく終わったそうです(ToT)





表彰式、閉会式では盛り上がりました。




ちなみに大分の野人でお馴染みの有田さん。
11位で入賞を逃しましたが、そうめんセットをゲットして「般若喜ぶわ~」と楽しそうにされてました(≧∇≦)











コチラが今回の1位、2位、3位の方々です。



やはりフィールドはどこであれ、釣る方は釣りますね。








この後は大在のアニキが来てくれて、ラーメン食べに!





休みの日にラーメンを食べるために大在から佐伯までおりて案内してくださいました(^^)





佐伯に降りてからはT篠さんと合流してこちらのラーメン屋へ。







いつもコッテリしたラーメンだったので、たまにらあっさり系のラーメンもいいですね!


チャーシューに厚みがあり、麺は太めでそこそこ好みなラーメンでした!


















ラーメンを食べたあとは、駐車場でうわもっちゃんさんの車を物色して、Aアニキがウキの話をする間にT篠アニキがロッドケースを自分の車に積むという窃盗集団並のやり取りを見ていました(爆)









その後にかわの釣具に向かい、マキエの話しやらエサ取り交わし方などをT篠アニキと話して、自分の釣りの欠点や根本的な攻め方の違いを知りました。






T篠アニキと会う度に本気で釣りを頑張らないといけないなと痛感させられます。







とりあえずしばらくはエサ取りがわんさかいる所でグレを掛ける練習をしたいと思います。












フットワークが軽すぎる大分のアニキたちと楽しく充実した時間を過ごせました。







ぶっちゃけ、よだきい時は惰性で釣りをしてしまう自分を切り捨てるために短時間でトーナメントを意識した釣りを練習して、上手くならないといけないと思わされました!






周りの方々に本当に感謝です。








うわもっちゃんさん、毎度のことですが遠いところまで運転ありがとうございました!








それではみなさん、SeeyouNexttime




転載元記事:トミーの釣行記