釣りを仕事にしておられる方はごく少数派であり、

私を含め世の多くの釣り人にとって釣りは純然たる趣味の世界であると思う。

 

 

今日、バス・ソルトルアー・渓流・磯釣りを始めとする実に様々な釣りがあり、釣り人がおり、

釣り物があり、そして楽しみ方がある。

 

楽しみ方、それはその人にとっての拘りと言っても良いかもしれない。

 

ただ池に行ってルアーを投げる、川に行って、海に行ってウキを浮かべる、

そんな事も十分に楽しいと思えるのが釣りの凄いところではあるのだが……

そこに拘りが伴うと途端に魔力や呪いが働いたように釣り人は釣りに夢中になる。

 

 

持って生まれた性格なのか、私は釣りに対する拘りがかなり強い方だと思う。

単に、超が付くほどの釣りバカだけなのかもしれない。。。

 

 

例えば、もう10年以上も遠ざかってしまったバス釣りでは、トップ縛りなどやっていた。

とにかくトップ。

 

そう、ルアーを『浮かせる』。

アクションでルアーが潜ったとしても水面下30cm未満。

 

何はなくとも、ガバッとバスが『出てくる』事が何よりも楽しい瞬間。

小さくても、トップで出てくれた事にありがとう。

そんな気分にさせてくれる釣り方と思う次第である。

 

トップ縛りなんてやると、トップで釣りたいがために釣り人は『研究』を始める。

季節、時間帯、ルアー選択やアクション、などなど。

 

イメージと経験を照らし合わせて少しでも、ガバッ! を体感したいがために。

これが拘りであり釣りの魔力の根源かもしれないなと、ふと思う。

 

 

 

バス釣りから遠ざかってハマったのが管釣りでのマス釣り。

中でも、フライフィッシングにとても魅了された。

 

フライフィッシングの魅力は、何と言っても『世界観』ではなかろーか??

釣り方自体も変わっているが、フライ、所謂毛鉤を自らがタイイングで作るところも楽しみのうちの一つ。

 

フライで代表的なのはやはり『ドライフライ』での釣り。

バス釣りでいう、トップと同じで、毛鉤を『浮かせる』のである。

 

水面上を流れて行く虫を模しており、上手く魚を騙せるとパシャ!っと『出てくる』のである。

その瞬間が何よりも嬉しい。。。

 

 

おそらく、水面と言うのは魚にとって死の境界線でもあるんじゃないかと思う。

それに打ち勝って食い付かせるのが、何よりもしてやったり感満載。

 

 

 

フカセ釣りではどうか?

一転、今度は『沈める』のである。

 

仕掛けは海の中、『沈める』のはもちろんウキ。

浮いてるからウキなんだろうけど、沈めたらウキでない??

そんなことはどーでも良い、ウキはとにかく『沈める』が吉。

沈めの磯吉。

 

お?なんかいーじゃない!

 

 

 

さて、前置きが長ーくなってしまいました(^^;)

今回はですね、6/3に管釣りに行って来ました。

 

 

ドライ(浮かせる)で釣りたかったんですがね、、、

この日はドライへの反応が渋くて結局、『沈めた』んです。

 

それが言いたかっただけですw

 

 

ドライで出てくれたレインボー!

よく引き、楽しませてくれました。

 


 

 

沈めてからは多彩な渓魚が……

 

天女魚ゲットで


 

 

山女魚も(^ ^)


 

命をありがとう。

家族で美味しく、頂きました。

 

 

次は岩魚を釣りたい。

 

 

 

そー言えば、奥様もやってました。


いわゆる今日イチってやつw

 

 

 

 

 

 

〜今日の教訓〜

 

やはり沈め?

 

 

 

 

 

磯吉