「あの…明時さん…ですよね?」










とある夜、関東の、ある巨大な駅で、私に話かけて来た男が一人


なぜ、この男は私が明時菜前だと分かったのだろう

その巨大な駅で「ただの偶然だった」何て話が通じる訳はない






そう






待ち合わせをしていたのだ……







〜祝!釣り番組!ライターだらけの大飲み会!ポロリがあったら捕まるよ!〜


ずいぶん前から計画はあったのですが、場所どーーする?や、明時の顔見ながら酒なんて飲みたくない、や、お前にだけは言われたくない、や、面倒クセーからやっぱやめっか、などなどの理由で先延ばしになっていた飲み会が、ついに開催となりました!


毎回私の記事は、ほぼ釣り記事ではありませんが、今回は完全に釣り記事ではありません
そして、ただの下らない飲み会話
なので、書こうかどうか迷ったのですが、編集者から「書けや!」と言われましたので、嫌々書かせて頂きます事をお許し下さい





話は少し前に遡ります




ついに皆と会えるんだ!(*´∀`)とワクワクしながら、ちょっとだけ緊張しながら、関東の某巨大駅で皆を待っていると


「あの…明時さん…ですよね?」

Σ( ̄□ ̄;)

『は、はい!明時菜前です!』

「磯吉と申す者でございます!今晩はよろしくお願いします!」


最初に顔を合わせたのは「磯吉の一釣入魂」で記事を書いている、磯吉さん!
フカセを科学するという斬新な記事で名を轟かせるツワモノ!
その記事はあまりにもフカセを科学し過ぎて、よもや釣りでなく一つの学問に至るとまで私が言っているだけの本物の釣り人


『初めましてぇーー!(*´∀`)ノこちらこそよろしくお願いします!』

「いやーーー!明時さん!今夜は楽しみましょう!」

『はい!(((o(*゚▽゚*)o)))しかし、えらい早く私を見つけましたね(・・;)この、巨大な駅のどエライ数の人々の中から』

「編集さんに『最も怪しい、謎の中国人拳法家を探せばそいつだから』と言われていたので、まさかーー、そんな人いる訳が………あ、いた…って感じでしたよ!」

『…………』





その後もグダグダ立ち話をしていると




ついに…


磯でルアーで釣りまくり!「疑似餌活性委員会」の原ペーニョさん!

何でも釣るし、何でも喰う!挙げ句の果てには、カミツキガメ達から『あいつだけは、逆に俺達を噛んで来るから気を付けろ!』と恐れられる「まちゃさんぽ」のマチャさん!

あと、クソ編集者




御一行様到着!!!



ようこそ!関東へ!いらっしゃいませーーー!!!
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


遠い遠い所から、本当にお疲れ様でした!
。・゜・(ノД`)・゜・。


この辺りで全員集合写真を撮っておけば良かったのですが、この話を書くつもりが無かったので画像がありません





編集(以降敬称略)「よっしゃ!!!全員集合やで!飲み行くどーーーー!!!」

全員「『よっしゃーーーーー!!!!!(((o(*゚▽゚*)o)))(*´∀`)ノΣd(-`ω´-〃)( ゚∀゚)ノ』」


私『で!店どーーーしましょか!?遠くから来て頂いたので、最高の店もありますし、値段相応なそこそこの店もありまっせーーーー!!Σd(-`ω´-〃)』

私以外の全員
「『ポテトフライがアレばどこでも良いよ(^^』」

私『は?(・・;)』

全員「『だから、ポテトフライ』」

私『ポテトフライ…?あの、マクドナルド史上最高傑作の、ポテトフライ?』

全員「『うん(^^』」

私『笑笑でも和民でもありますよね?』

全員「『うん、じゃ、そこ(^^』」





Σ( ̄□ ̄;)??




困惑する私を前に、ついに、あの男が重い口を開きます




マチャ「すみません…明時さん…実は…」





何と、話を聞くに、あの恐怖の外来種カミツキガメからすら恐れられる男は、特殊な病にかかっているとの事

その病は…少し話しにくいのですが…

フライドポテト依存症という恐ろしい病



1日でもフライドポテトを食べないと、普通にしか生活が出来なくなってしまうという恐ろしい病に侵されているという
しかも飲み会の前日、前入りしていたマチャさんは夕飯にフライドポテトを頼んだのが、そのフライドポテトがあまりに酷く食べる事が出来なく、今現在発作が出てしまい、普通に話す事しか出来ない有様であると…




なので!ここはひとつ!普通のフライドポテトが食べられる店に行こう!!!と一致団結!!!
ひゅーーーーー!!!!!
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆





いや、待て待て、待て


遠くから来たでしょ?

話し合おう、ね?


大都会よ?そこそこな店ありますよ?


有名な店とか………




全員「『ポテトフライーーーー!!!ひゅーーーーー!!!!!(((o(*゚▽゚*)o)))』」



(´・ω・`)




後から聞けば当たり前

関東辺りで、そこそことか、美味いとか、そんなん地方の定食屋の足下にも及びませんわな

目がオカシイんじゃないかと思う程に美しい星空
コレが本当の海なのか…と、考えさせられてしまう様な、命の溢れる海

そんな世界から来た人間に、都会人はどこまで滑稽なのでしょうか?






行きましょう!!!夢のフライドポテトがある名店(普通の居酒屋)へ!!!
Σd(-`ω´-〃)





カンパーーーーーイ!!!!
♪───O(≧∇≦)O────♪
(編集さん、画像提供ありがとうございます)


世を徹しての飲み会のスタート!!!





釣り人が集まると、こう、やはりと言うか何と言うか、当たり前なのですが、どんどん釣りの話になりますよね


私、実はそれが大変苦手でして(^^;;

私は釣りを愛する者ですが、釣りを愛するだけで、釣れなくても良いんです

ここが結構分かってもらえないんです

釣り好きなんでしょ?じゃあ釣りの話楽しいよね?となってしまい、PEの何号がアレだとか、あそこのリールは良いとか、全く分からんのです
竿の曲がりがどーーだとか



ボクシングが好きな人って沢山いますけど、んじゃあ、実際にボクシングやろか!って言われれば、ほとんどのボクシング好きは「いや、無理!」となるでしょう
かなり誇張的な表現なので、もう少し親しみやすく言うと、ほとんどのボクシング好きは「単なる殴り合いで勝敗が決まる爽快感」が好きなんですね
だから、普通のボクシング好きが本気でボクシング好きの人間と酒でも飲もうものなら殴り合いの喧嘩になります。ボクシングが始まります
ボクシングは意外と心理戦の部分が多くあり、目線を外したり、ジャブ打つ感じに見せてストレート打ったり、わざと踏み込みの足を逆にしてカウンターを狙ったりします
単なる殴り合いの爽快感が好きな人は、それを聞いただけで「は?(・・?」となる
釣りも全く同じで、通常の釣り好きは「海行って気持ち良いし、釣れたら釣れたで最高に楽しい!」レベルなもんなんです

私は潮目も時合いも知らないし、夜釣りでシーバス狙いで、橋の影が絶好のストラクチャーになる何て夢にも思いません


だから今回も、どーせ話について行けず、ニコニコしているだけの飲み会だろーーなぁ…と思っていました









マチャ「うひゃ!うひゃひゃ!!!フライドポテト!!!ポテトフライのパーチーやぁ!!!」

磯吉『酒か…弱いんだよなぁ…ゴメンね皆ぁ』

原「いや、知らんけど、マチャさんテンション上がり過ぎでしょ」

編集『どーでも良いけど、あの娘かわいくね?』







うーーーーーーーん……







ちょっとは釣りの話しろよお前らぁーーーー!!!!



Σ( ̄□ ̄;)Σ( ̄□ ̄;)Σ( ̄□ ̄;)






何しに来たんだ!!!!





マチャ、編集、原、磯吉「『釣りwwww釣具屋に釣られてるお前に話す事は無いwwww』」




Σ( ̄□ ̄;)Σ( ̄□ ̄;)Σ( ̄□ ̄;)Σ( ̄□ ̄;)



争いは、同じレベルの者同士の間でしか起きない…
_| ̄|○




2軒目

左から私、磯吉さん、編集さん、その向かいが原さん

マチャさんが撮ってくれた画像ですかね、記憶がない
画像提供ありがとうございます
編集さんから頂いた画像なので使わせて頂きます
(と言うか、コレが多分1軒目。先の画像が2軒目です。順序逆ですが、直すの面倒なのでそのまま行きます)


ココで磯吉さん離脱


あまり飲めないのに、遅くまで付き合って頂きありがとうございました
。・゜・(ノД`)・゜・。




そこからも、飲むは喰うわの大宴会



色々話をしたのですが、最も驚いたのは、なんとマチャさん!………おおっと…その話を書いていたら、編集さんからメールが来ました(編集部は常に私達を監視していて、書いてはいけない事を書くと…怖い事になります)

「お前はマチャを知り過ぎた。消えてもらうしかない」

マチャさんはガラケーしか持っていないのですが、マチャさんがなぜ、スマホを絶対に持たないのか…なぜ、この時代に頑なにガラケーなのか…
その謎は、後々に、マチャさん本人から…と(^^;;


もう一つ驚いた事があったので、それを書きましょう


なんと、原ペーニョさん!他言語を操るマルチリンガルだったのです!
通常、二ヶ国語(日本語と英語、とかね)を扱える人をバイリンガルと呼びます
コレは皆様も周知でしょう
では、三ヶ国語は???…トライリンガルと呼びます!

そのトライリンガルを越える数の言語を習得している天才、その方はマルチリンガルと呼ばれます!
原さんは!何と!!!!7ヶ国語を操るスーパーマルチリンガルなのです!!!


マヂでスゲーーーー(・・;)


しかし原さんは言います「いや…俺はまだまだ何ですよ…魚の言葉が…分からないから…」


私『wwwwwいや、それは無理ですよ(笑魚の言葉は言語じゃないですからwwwwどんだけ釣りに頭湧いてんですかwwww』



そんな私を、極めて冷たい目で見る原さん…



原「…いない、いるはずがない…魚の言葉を理解出来る人間など…そう…思うよなぁ…」

私『(・・;)は、はい…そもそも、言語すら無いと…思いますが…』

原「………いや、良いんだ…今の話は忘れてくれ…それより…マチャさん、フライドポテト食い過ぎじゃね?」






マチャさんはすでに、フライドポテト3皿目に突入…


私「いやしかし、遠くから来たのに、本当にフライドポテトで良いんですね(^^;;」

マチャ『!あ!そうそう!そうなんですよ!ちょっと聞いて下さいよーーー!!!(´・ω・`)』

私「?」

マチャ『いや、その通りなんですよ!!俺ね!今日ね!江ノ島行きたいって言ったんですよ!絶対江ノ島行きたい!!江ノ島のタコせんべい食べたい!って!』


私「ああ、はいはい、有名ですよね、江ノ島のタコせんべい(^^」

マチャ『せっかく来たんだからさーー、湘南は行きたい!って言ったのに………』


編集さんに恨めしい目を向けるマチャさん


マチャ『編集さんが、湘南は近付きたくもない!って!。・゜・(ノД`)・゜・。』


タバコをフカセながら、冷たい目で上を見上げる編集さん…

ああ…なる程(笑


実は編集さん、数ヶ月前に
「クソ明時いぃぃぃいいぃ!!!湘南は釣れない釣れないと泣き言ばかり言いやがって!!!たまには釣り記事書けえ!!!湘南でも釣れる事を、この俺が証明してやる!!!!」
と、自信満々に私のホーム、湘南は片瀬漁港に来て、見事死亡した過去を持っています(^^;;

真鯛アベレージ70センチで「大き過ぎるから逃す」海で釣りをやっている人間が、アベレージ10センチのヒイラギ釣って喜ぶ片瀬漁港で釣りをして、満足いく結果が出る訳はありません(^^;;

彼は言いました「片瀬漁港何か、もう死んでも来ねぇよ!」

すみません、編集さん
それじゃあまりにマチャさんが可哀想だよ(^^;;



お前の話なんか知らねーーーから!(笑



私「んじゃ、編集さんは勝手に帰ってもらって、明日は湘南観光しましょうよ!!Σd(-`ω´-〃)」


マチャ、原「『(・・;)?マヂで?』」


原「待て待て、マチャさん。それはさすがに明時さんに悪いと言うモノだ。今日の明日じゃ、明時さんにも予定もあるだろう」

マチャ『(´・ω・`)そーーですよね…』

私「いや!!!遠方遥々お越し頂いた皆様を!このままクソ編集のワガママで帰らせる訳には行きません!!湘南を案内させて下さい!!∠( ̄□ ̄)」


マチャ、原「『……………☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆♪───O(≧∇≦)O────♪』」

編集『ぐぐ…クソがあぁあぁ!!´д` ;』



お前の話何て知るか!



私「湘南全域!逗子、葉山、鎌倉、江ノ島!案内出来ない場所はありませんよーー!!!Σd(-`ω´-〃)」

マチャ『本当ですか!?本当に本当!?タコせんべい食べられる!?』

原「スラムダンクの、あの踏み切り見られますか!?」


編集『菜前貴様覚えてろよ!´д` ;』


私「タコせんべいもスラムダンクの踏み切りも!湘南が舞台になった、あらゆる映画、ドラマのロケ地を案内出来まっせ!!!Σd(-`ω´-〃)」


マチャさん原さんテンションMAX!!!


特にマチャさん

『明日は6時起きで湘南へGOーーー!!!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆』



私「よっしゃ!明日の計画を立てるべ!!!」







と思ったが矢先、マチャさん飲み過ぎて死亡







Σ( ̄□ ̄;)



私『マチャさん!?大丈夫ですか!?』

編集「宿帰ろーーーー」

原『帰ろ帰ろ!』



Σ( ̄□ ̄;)



私は帰るしかない…ってか、確かに、終電近いし仕方ない

しかし、明日の予定も決まってないのに、案内するのキツイな…

ど、どーーしよ(・・;)









編集「な?困るべ?」

私『Σ( ̄□ ̄;)』

編集「だーーかーーら、言ってんの。君さ、案内してくれるのはありがたいよ。でも、今の状況分かってないで話してたでしょ?」

私『う…(´・ω・`)はい(´・_・`)』

編集「マチャも君も若いから、分かるよ。テンションで話ちゃうの。でも、それって結果、無責任に人を困らせたりするんだよ」

私『(言い訳が出来ねぇ)』

編集「で?どーーすんの?マチャは江ノ島行きたいし、原さんはスラムダンクの踏み切り行きたいよ」

私『ずびばぜん(すみませんが声にならん)( ;`ω;´)早起きして合流します』

編集「よっしゃ!!そーゆーー覚悟がありゃ上出来や!!!!な!原さん!!!」


原『(^ ^)』



(・・?







編集「菜前えぇぇぇ!!!」


(・・?


編集「お前の分も、宿予約してあるから!」



(・・?



はぁっ!?Σ( ̄□ ̄;)



原『wwwwww』


編集「今夜帰るとは言わせねぇよ!」



は?はああぁぁ!?Σ( ̄□ ̄;)Σ( ̄□ ̄;)Σ( ̄□ ̄;)Σ( ̄□ ̄;)


編集「どーーせ、こーーゆーーー流れになるだろうと思って、宿は1人多い人数で予約しといたのよ(^^」


Σ( ̄□ ̄;)

(´・_・`)

(・・;)

(−_−;)

( ;´Д`)

T^T

。・゜・(ノД`)・゜・。


私『そ、そ、その心意気!!ありがとうございます!。・゜・(ノД`)・゜・。』








編集、原、マチャ「『ひゅーーーーー!!!!!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆明日は江ノ島!!!!案内お願いしまーーーーす!!!wwwww』」







Σ( ̄□ ̄;)Σ( ̄□ ̄;)Σ( ̄□ ̄;)Σ( ̄□ ̄;)


マチャ!!!何でお前復活してんだ!!!!
Σ( ̄□ ̄;)Σ( ̄□ ̄;)




デロデロのマチャさんを3人で抱え宿へ







なんて下らない話なのでしょうか…
本当に、下らない…


ただの飲み会の話です
ただ、ただ、下らない、内輪な話です


ただの内輪な話…読むだけ無駄な時間を使っていますよ


しかし、読むのも勝手なら、書くのも勝手というものです










宿、到着





暗くてちゃんと映らんかったです




おーーー、中はかなり良い感じ!(*´∀`)


部屋に着いてすぐに布団敷いてぶっ倒れるマチャさん


我々「『ま、そーなるわな(^^;;』」

皆それぞれ着替えたり荷物置いたりしていると、いきなりマチャさんが飛び起きる!

Σ( ̄□ ̄;)?


マチャ「すみません…吐いてきます……」

我々「『マ、マチャーーーー、だ、大丈夫かぁ?』」




帰って来たマチャさん、既にこの世に命がある生物ではありません(^^;;


死亡したマチャさんの遺体を前に、3人で通夜でもしようと飲みながら談笑していました


すると…なんとも恐ろしい現象が…





何と、隣の部屋から


「あびれるまたかりさ!!!!!」


『もーきそうでんしこうたまり!!!!』

「まる!!!そーーげんしーが!!!!ごれるなかさちにやしもない!!!!!」



と、この世の言葉でないような叫び声が!!!!



それが本当に、かなりの怒号で、我々ドン引き

(;゜0゜)


明らかに外人が何か文句を言って来た感じなのですが、こちらは言葉が分からない!!!!


Σ( ̄□ ̄;)




原『バスク語…ですね…』



分かる人いたーーーーー!!!!
Σ( ̄□ ̄;)Σ( ̄□ ̄;)Σ( ̄□ ̄;)


編集「バスク語?おーー、アレ覚えたんだ!スゲーじゃん!文字が存在せず、聞いて覚えるしかない、世界の言語でも最も難しいとされてる言語(笑」


原『やめて下さい(^^;;所詮、人間の言語です…私が求めるのは…いや、この話はやめましょう…あと、我々明日殺される可能性があるので、早く寝た方が良いですよ…「一応注意はした、あとはお前達次第だ」そう言っていましたから(^^』



Σ( ̄□ ̄;)Σ( ̄□ ̄;)Σ( ̄□ ̄;)



うわ言の様に「明日は江ノ島…明日はタコせんべい…」
と繰り返すマチャさんの為にも、寝ましょう…





就寝…明日は早い…




(z_z)


(_ _).。o○


(( _ _ ))..zzzZZ














な…え…さーーーん


なま……さーーーん………ですよ〜





んんん?



菜前ええぇえぇええ!!!!朝だ!!!起きろおおーーー!!!!!



(p_-)朝か……さすがに早いな……
皆気合い入ってんなぁ

( ´Д`)


時計を見ると……9時かあぁ〜




Σ( ̄□ ̄;)はぁっ!?9時!?



6時起きで江ノ島はどーーーした!??



Σ( ̄□ ̄;)Σ( ̄□ ̄;)Σ( ̄□ ̄;)







完全に、二日酔いで死亡しているマチャさん(^^;;


こりゃまぁ、普通に江ノ島ガンガン楽しむのは無理ですな(^^;;
ゆっくりのんびり江ノ島観光してもらえば、思い出くらいにはなるかな(^^;;





しかしここからが、この化け物達の素顔を見る、恐ろしい鎌倉観光となるとは、まだこの時、私は気付いていませんでした………







明るくなってから見ると、本当に良い雰囲気の旅館ですね!(((o(*゚▽゚*)o)))



最高でした!!!(私は寝ただけだけど)
(*´∀`)ノ



車に乗り込み、出発です!
(画像撮らなかったーーー(^^;;)



私「さぁ!皆様!どこ行きますか!?まずは江ノ島目指しましょう!(*´∀`)ノ」

マチャ『いや…やっぱ江ノ島いいっす…オエッ』

私「ですよね!やっぱ江ノ島は良いですよ!」

編集『うん。だろ?だから言ったじゃん、江ノ島はいいよ』

原「だねーーー。江ノ島もいいよ、スラムダンクの踏み切り見たかったけど、俺もいいわ」





あ、これ、否定の方の「いいです」だ…




編集「どーーーしよか?せっかくだし、鎌倉くらい行く?」

マチャ『オエッ…編集さん行きたいなら…オエッ…行きますか…オエッ』

原「ねーーーーー。んじゃ鎌倉行って、何か美味しいもんでも喰って帰るか」




マチャさんは仕方ないとして、2人のテンション低くううぅうぅうううぅっ!!!!
Σ( ̄□ ̄;)



待て、待て待て!!!長崎から遠路はるばる来たんですよね!?
遠いですよ!長崎は!!!
で、そのテンション!?Σ( ̄□ ̄;)


負けるな!!!菜前!!!!疲れたこの方達に楽しんでもらって、初めて私が活躍出来ると言うモノだろう!



私「み、皆様、そーーーとーーーお疲れですよね(^^;;仕方ありませんよ!!では!鎌倉で蕎麦はどうでしょうか!?美味い蕎麦屋!ありまっせーー!!!」

マチャ『オエッ…蕎麦…蕎麦なら食べられるーーー』

編集「おお、良いじゃん。蕎麦行くか!美味い蕎麦屋!」

原『ですね!蕎麦屋良いですね!鎌倉の蕎麦は楽しみだ!!!』





よっしゃーーーーー!!!!!皆様ノッてくれた!!!
鎌倉は、いくつか、美味しい蕎麦屋があります
私は無類の蕎麦好きなので、これなら自信がある!!!





車は進むよいざ鎌倉
(画像無し)




途中、とても面白い。本当に面白い。聞けば涙目話すも涙目、オチ行く前に笑い死にっつー、本当に面白い事があったのですが、編集にガッツリカットをくらいました

釣り番組の闇に抵触しているから書くな、、だそうです


クソ編集うぅうううぅううぅぅぅううう!!!!
( ;´Д`)


本当お前覚えてろよ、マヂで






鎌倉到着!!!!
(画像無し)

鎌倉と言えば、まずは鶴岡八幡宮なので、その近くの駐車場に入車




私「さあ!八幡宮行って、鎌倉小町通り商店街に行きましょう!蕎麦屋沢山ありますよ!!(*´∀`)ノ」

編集『おう!!行くか!!』

原「おーーーー!!ここが!かの有名な八幡宮!!!」

マチャ『オエッ…』








こんなつまらない、クソ下らない飲み会話をここまで読んでくれている皆様、本当にありがとうございます…

試しに、今は始まったばかりのゴールデンウィーク中
ツイッターやインスタで「鎌倉」「小町通り」で検索してみて下さい
それはもう、楽しく愉快で最高な旅を楽しむツイートや画像が所狭しとUPされます!







しかし、私が共にいるこのメンバーは…「想像を超えた本物の化け物」でした…








〜逆に尊敬出来る、化け物の観光〜




編集「なんかさぁ…人多くね?」

原『まぁ…観光地ですからね』

マチャ「オエッ…」

私『そりゃまぁ(^^;;ここ、鶴岡八幡宮ですよ!』




私「さぁ!この上が鶴岡八幡宮本殿です!!行きましょう!!!(*´∀`)ノ」


編集『あーーー…パス。興味ない』


Σ( ̄□ ̄;)

原「この階段は…高すぎますよ(笑」

Σ( ̄□ ̄;)

マチャ『オエッ…』

Σ( ̄□ ̄;)


皆様「『スルーでお願いしまーーーす』」



Σ( ̄□ ̄;)Σ( ̄□ ̄;)Σ( ̄□ ̄;)Σ( ̄□ ̄;)


いや、良いけど!!良いけどさ!!!!
せっかく遠くから来たんですよね!?Σ( ̄□ ̄;)



あ!!!凄い!!!ほら!!!皆様!!!



私「八幡宮での結婚式ですよ!!(*´∀`)ノそこそこ珍しいですよ!!」


編集『へーーーー』

原「まぁ、はい」

マチャ『あ!白い鳩だ!!スゲー!!!オエッ…』







…………………………








八幡宮を出る…








では!右に進めば小町通り商店街ですよーーー!!!
(*´∀`)ノ


編集「………超混んでね?」

私『(・・;)ま、春ですし、この季節は人凄いですよ』

原「真っ直ぐ進んだ方が人少ないですね」

私『ああ、それはそうですね、皆小町通りに行きたいので(*´∀`)ノ』

マチャ「鳥居デケーーーー!!!!オエッ…」

編集『じゃ、真っ直ぐ行こうぜ』


私「はい!!!では右に行きま……はいっ!?Σ( ̄□ ̄;)Σ( ̄□ ̄;)」


編集『混んでる道わざわざ歩くかよwww真っ直ぐ行こうぜ!』





いや!だから!良いんですけどね!!!Σ( ̄□ ̄;)
人それぞれなので、良いんですけどね!!!
Σ( ̄□ ̄;)
しかし!原さんやマチャさんは、小町通り行きたいですって!!!(^^;;
せっかく鎌倉来たんですから!(*´∀`)



原「いや、特に…」

マチャ『なにこの人混み!今日お祭りですか!?…オエッ』






………………………………






今、この瞬間…鎌倉ど真ん中にいて
その上、長崎や福島からわざわざ来て
ここまで「古都鎌倉に興味の無い」人間は、おそらく、この方達以外には存在しないと思います


しかし、そんな話は、これから起こる惨劇に比べれば、あまりにもどうでも良いとしか言えないレベルの話



この集団の本当の恐ろしさが、姿を現し始めます









私「さあ!さあさあ!!!着きましたよ!!!鎌倉に来たら絶対食べたい蕎麦屋さん(有名な蕎麦屋であり、公にUPする記事なので名は伏せます)!!!さあ!食べましょう!!!(*´∀`)ノ」







編集『は?並んでるじゃんwwwww』

私「(・・?はい。でも、10分並ぶくらいで入れますよ!!!ココは美味しいけど、そんなに並ばないで入る事の出来る数少ない蕎麦屋さんですよ!!(^^」

編集『wwwwなんで蕎麦喰うのに並ぶんだよwwww』

私「いや、さすがに観光地なので(^^;;10分くらいは…」

編集『wwww無い無いwww蕎麦に並ぶなんてあり得ないwwww無理www』

私「いや、10分くらいはさすがに(^^;;ねぇ?原さんマチャさん(^^」

原『私は並んでも良いですけど、蕎麦喰うのに並ぶっていう発想はありませんね(笑』

マチャ「人力車のお兄さんだ!!スゲー!!!オエッ…」








…………………………………………………








神よ…
私に「一切並ばないで、しかも美味い蕎麦を、この方々に提供しろ」と言うのですね……


分かったよ………………







本当に美味しく、並ばないで喰える…故に一切の取材を拒否し、秘密裏に、蕎麦を愛する者だけに開かれた、誰にも教えたくない蕎麦屋



遠くからわざわざ来てくれたんだ…教えましょう!!
(*´∀`)ノ




ちょっと歩いて到着





私「さあ!さあさあさあさあ!並びませんよーーーー!!!!(*´∀`)ノ入りましょう!!!Σd(-`ω´-〃)」

編集『おおーーー!!!良いねぇ!!!最高!!!』

原「私は全然、どこでも(^^しかも美味しいとなれば最高ですね!」

マチャ『………オエッ…ちょっと…疲れた…もう蕎麦も無理かも…』


ごめん、マチャさん、もうココしか無い


私「入りましょう!!!(*´∀`)ノ」












編集「待て。菜前」

私『(・・?』

編集「俺、山菜蕎麦で良いんだけど、1500円って何?セット?」

私『いえ、特製小鉢付きの単品ですよ?』

編集、原、マチャ爆笑wwwwww(マチャさんのみ語尾にオエッ…)





編集「無いよwww無い無いwww蕎麦にwww1500円ってwwww」

私『Σ( ̄□ ̄;)Σ( ̄□ ̄;)Σ( ̄□ ̄;)』

原「ごめんねwwww並ぶのは分かるけどwww蕎麦にwww1500円wwww」

マチャ『皆笑ってるからwwww良く分かんないけどwwwオエッ…』

編集「長崎って、そこそこ蕎麦美味いのねwwwでも1500円はwww無いwwwバカかwww」





Σ( ̄□ ̄;)Σ( ̄□ ̄;)Σ( ̄□ ̄;)Σ( ̄□ ̄;)




私「そーー言われたら、もう無理ですよ!Σ( ̄□ ̄;)」

編集『蕎麦何て、拾って喰うレベルのもんだからwwww1500円wwww腹痛いwwww蕎麦何て落ちてるよ。歩いてりゃ落ちてる食いモンだよwwww』










……………………………………………………………………………………………








私「知らん。もう知らん。お前の口に合う蕎麦は…無いと思え」





編集『おーーーこーーーるーーーなーーーよーーーwwwww』

私「怒ってねーーよ(ー ー;)お前等は駅蕎麦でも喰っとけ…」





その瞬間、皆様の空気が変わる





あ、ヤベ。さすがに言い過ぎたか…






後から思えば「空気」でなく「喰う気」が変わっただけだった………(ー ー;)







編集「そうだよ!!!それじゃん!!!前に、鎌倉の駅蕎麦は美味いってLINEで言ってたじゃん!!!」

原『おお!駅蕎麦!!!良いですね!!!!』

マチャ「駅そば?駅に近いの!?オエッ…」










…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………







まさかの大ウケΣ( ̄□ ̄;)





鎌倉駅着
(駅の画像無し)




駅員さんに、蕎麦食べたいだけなんだけど入場料必要ですか?と聞きに行く私
「すみませんが、駅に入るから必要です(^^;;」
『ですよね(^^;;』





それを聞いても、喜びの一団




入るよ?本当に駅蕎麦で良いんですね?

編集「ひゅーーー!!!駅蕎麦!!!」

原『まぁ、蕎麦食べたいし、蕎麦なら何でも』

マチャ「駅そばじゃなくて、駅中じゃないすか(笑オエッ…」



入場…



全員「『そーば!そーば!!!(内1人語尾にオエッ…)』」




(大船軒とありますが、実際に鎌倉駅構内にある蕎麦屋さんです)








待て…待て待て待て


話し合おう…

ココは鎌倉です…

分かりますよ「下手な手打ちより機械打ち」
コレは蕎麦通の常識

分かります、分かりますよ

しかし、10分並べば、1500円払えば、本当に美味い蕎麦があるんです!!!

せっかく、せっかく鎌倉まで来たのだから!!!!







チャリンチャリンチャリン…




無情なる食券機に落ちる金の音



こんな鐘の音色は、八幡宮でも長谷寺でも、大仏様でも聞こえない!!!






遠路はるばる鎌倉まで来て、ガチで駅蕎麦を食べる「本物の化け物」達












擬音食者の金の声、食行無情の響きあり…











編集「ありがとうな!!駅蕎麦!最高だったぜ!!」

原『次は長崎に来てくんさい!美味い物沢山ありますよーー!!』

マチャ「ダメだ。喰えない…半分残す…オエッ…」









全員「『じゃーーーねーーーー(*´∀`)ノまたねーーーーーーーーーー(*´∀`)ノ(内1人語尾にオエッ…)』」



一切の観光無しに、ガチでそのまま、化け物一同は帰って行きました









駅で座り込む私








昔々のお話

私に本気で磯釣りを教えようとしてくれた方がいました

「デカいの釣ろーーーぜ!菜前ちゃん!!!」

『はい!!!よろしくお願いします!!!』


竿もリールも全て借り、コマセは用意して頂きました


「餌取りがウゼーーーーな!菜前ちゃん!!!」


餌取りを釣って喜ぶ私









その時の、教えてくれていた方の(´・ω・`)顔が忘れられません


何となく…少しだけ…その方の気持ちが分かった気がします








終わり















読了して頂いた方、いるか分かりませんが、もし居たら、本当にありがとうございました
。・゜・(ノД`)・゜・。


こんな記事書きたくなかったのですが、クソ編集が
「ねぇねぇ菜前ちゃーーん!飲み会の話、書いてね!!(*´∀`)ノ分かるよね?………ナイロン6号を3重にして巻くと、首吊れるんだって!!そーーゆーーの怖いよね!!よろしくねーーー!(*´∀`)ノ」
という、恐ろしいメールが来たので仕方なく…あ、編集から来たメールUPしたらマズイか…




あら?こんな時間にドアを叩く音がする…





誰だろ…