どうもです。

今回もブッコミ真鯛を夕方から夜にしました。

しかし!


何も釣れず。

回遊待ちだからしゃーない。

場所を移動し、投げ竿からメバリングタックルに持ち変えました。
餌が微妙に余っているので、カサゴでもひっかけますかね。と思い胴付き仕掛けを用意。


ヘチに落としてる途中で




早々に釣れた。

微妙に余ってると思った餌が全然なかったので、ワームで底をネチッて更なるカサゴ目指すことに。


前回来たときは、結構アタリがあったんだけど全然ない。

というか、このところカサゴが来ない。

まだ、尺近いのばっかで尺は出てないし。

話がそれてしまいました。。。


30分以上、あちこちを叩くも数回ショートバイトがあるのみ。


そろそろ辞めるか。。と思っていた頃。

海草、というか何か柔らかい物を引っ掻けた感触が伝わる。


ん?切れ藻ではないなぁ。

この感触。タコだ!!

今日使ってるメバリングタックルでも600グラム位タコなら一気に張り付いてるのを引っこ抜ける!

が、抜けない。

抜けないどころかタコは気にせず海底を歩いているようです。

また、2キロ級位のをかけちゃったかな~?と淡い期待。

結局、3〜4分掛けてやっとこさタコが下から剥がれます。

引き剥がしてもイカジェットならぬタコジェットがキツい。タコが水を噴射するたびにややキツめのドラグが鳴ります。


更に2、3分のやり取りをして先ほど挨拶をしたルアーマンの方がタモを持ってスタンバってくれました。



タコが足を広げてると思われる時はすごい水の抵抗。

タコはタモ枠から上手く逃れたり、タモ枠に絡み付いたりするから暗闇のタモ入れは危険なので海面を照らします。
海面に出てきたタコを見て、「2キロじゃ済まね~」と確信できるデカさ。




え?デカさが伝わらないって?


下処理後。
流しがタコで埋まります。

ちなみに、コンビニの袋を二重にして持つも破れてしまったので


タモに入れて帰ってきました。生臭いバイクの出来上がり!
家に帰り、別の袋に入れて重さ計測。
ちゃんとした計りがないので、まずタコを持って自分が体重計に乗る。

次に自分だけで体重計に乗り、差を出して対象の重さを計ります。

100%の正しい数値ではありませんが、大体の重さはわかります。

まず、タコを持って体重計に。67.0と67.1を行ったり来たりしましたが
67.0キロ。でストップ。

100グラム単位でしか計れないのが残念。

次に自分だけで乗ります。


67.0-63.0=

よ、よ、よ、よ、よ、よ、4キロ!



あっちゃ~、マジかよ。たぶんもうマダコの自己記録越えられなくなったわ。。




吸盤のデカさが。

釣った時から足が1本切れてると思ってたので確認すると、既に再生が始まっていたようです。つまり、今回自切した訳ではないようです。
なんかイカゲソみたい。(腹が減ったので撮影後先っちょをかじりました。)

このタコ、過去にウツボかサメに攻撃されたか釣られそうになったか。。

足が切れてなかったら、4.2〜4.3キロはあったんじゃねーかな?笑っ

メバリングタックルの糸はPE0.4号、リーダー2号。
今思うとこのタコを釣るにはゾッとする位細い。笑っ

僕はタコやる時は道糸、PE16か20号。根掛かりした根を引き剥がす作戦です。

あのタコ、たこ焼き換算すると幾つだろ。笑っ




以上、タコが流しにくっついて大変でしたが、タコを流しから剥がすと流しが綺麗なり光沢が出た気がするtonyでした。