ようやく形になっ出来たので報告。


今回は、廃盤になったパワーブレードのカラーの復刻依頼。





やって塗れなくはない…かな?
しかし、このホログラムどうしよう…
ギーゴパターンはなんとかなるとして…


「完全再現は難しいですよ?」


それでもいいと言ってもらえたので引き受ける事に。



どんな想いが詰まったルアーなのか聞いてみました。




PBのこのゴールデンギーコには
困った時にかなり釣果に繋がったカラーでして…


私がよく行くホームで初めてランカーをゲットしたルアーです


一年通じて相性の良かったルアーで
シーバス以外にソゲ・アイナメ・カサゴ・マゴチなどなど
魚を連れてきてくれたんですよ〜


それだけ使っていたルアーでしたが
パッケージが変わった途端に
廃盤に…


ブログを見させていただいて
マイラーぐらいは貼れるんですが
さすがに自分でエアブラシを使って塗るテクはなく…


1つは使用し1つは保存しようかと
思っています。




……そうか。


初めてランカーを獲ったルアーなのか。


そりゃあ…



なんとかしないと!!


初めて挑戦する鉛ルアー!
ホログラム!


為せば成る何事も!!






なかなかの傷っぷり。
でも大丈夫。


大きな傷用の下地塗料。
サーフェイサーでまずは下地処理。




たっぷり塗っては乾燥、研磨を何回も繰り返し傷を埋めていきます。




だいぶ綺麗になりましたね。


ここまできたらホログラムを貼っていきます。



気合いで貼ります!


と、言うのは冗談です。


この工程、使うホログラム等は秘密


ちょっと真似されたくない部分なので(^^;;




うまくいけばこんな感じ。
まだまだ失敗の方が多いです(^^;;




こっちは失敗。


ダメダメですね。


この後にトライアンドエラーを繰り返し





これが限界かな?といった感じです。


後はホログラムを何度もコーティングしてから塗装です。




こっちは違うホログラムのパターン。
使うカラーは、クリアーイエローと蛍光イエローの2色だけ。


細かい部分は写真を参考にしながら。






ん〜〜まぁいいかな?






こっちは…なんかダメ!
やり直し!!


依頼者さんは、これでもOKだと言ってくれましたが…


コレはダメですね(^^;;


さーて、リテイクだ!


塗り直すぞーー!!!!




転載元記事:秋田シーバス Aji-can