上げ中潮初日二日目 曇り

先日のサーフゲーム翌日

前々から焼きそば屋のPちゃんに愛機エクスセンスC3000Mをメンテしていただく約束で夕方の到着を待っていた

そう、こいつを出すってことは

釣り行けへんなるっちゅうこと

ハイシーズンから一か月以上ほげて釣り納めとは…納得いくはずもなく悶々と、そして諦めモード

そこへレビル将軍から通信

eufcaifffhgbvwukhrh7_632_920-fff95e28.jpg
!!!

なんと、こない嬉しいことはない////^)v

これでヤレるᕦ(ò_óˇ)ᕤ

将軍の木馬が到着しオムさんから預かっていた上納品を渡しツインパをお借りする

ずしりと硬質感のあるその塊は

初めてゲームで使うこととなる4000番代

3tdoud33pkzs8ewdik7t_719_920-10762c69.jpg
その後Pちゃんにエクスセンスを預けセルテートを受け取る。こちらもすこぶる軽くなった気がする

vxdy8erji9u998zoennk_690_920-9901bcd7.jpg
数年前にシーバスをやりだし初めてまともなリールを買った2500R

ノットの手間を嫌いずっとナイロン14〜16lbでやっていた名残のマシンガンキャストが巻かれたまま

このあとエクスセンスを手に入れ一年半ほど

軽量級のリールにディアルーナ、ルナミスをコンビにしていた為このツインパの重量と剛性感に馴染むまで少し戸惑うも、

「釣りに行ける!」

の興奮が漲り潮汐表を開きタイミングをはかる

1時過ぎ干潮

明日から雨で夜のタイミングは風が荒れ出しダメっぽい

今夜が山田!

準備を始めようとリーダー結束機をだしツインパからラインを出すと既にリーダー結束済み

ありがとうございます

マガジンを手にし戦闘準備

リロードする弾はどれにするか…

そうそう、昼間彼女からもサプライズが

wu7aec5pjxfg45y25zhj_920_736-18243328.jpg
DIYで手造りのルアーハンガー

みんなの愛情に包まれこの上なくしあわせなクリスマス

ほんまにありがとう


フタフタサンマル

出撃、エクスセンスの比じゃないギゴギゴ鳴りまくる愛車に鞭入れ前線を目指す

考えればバイクをいじるときもハブやBBなどの駆動系にはめちゃ気使って調整したりXTR、XTとかに換装したり

TIOGAが好きでチタンクランク、ペダル、シートに鬼ハン!いろいろおもろかったなぁと

結局リールもちゃんと整備したりチューンして使わな能力発揮できんちゅうことは同じか

ツインパ回して感じるスムースさ

剛性感は自分の愛機とは別物

プロダクトとしての目指す先が違うのは当然だが

これなら、ホームでどないばけもんが来てものされることはない!

そんなあれこれ考えつつ堤防手前の街頭

ついこないだまで、ここまで一時間歩きで通ってた頃

この街頭の元でタックルをセットし階段を登り現場へ降りていた

今日はここでセットしよう

気まぐれだがそんな気分

イブランスネコンをチョイス

堤防からサンダーボルト宙域を望み一礼

藪を抜け前線へでるとポイント付近はボラであろう群れの波紋が広がる

スネコンを通すとコンコンぶつかってくる

カラーチェンジするもスネコンではないのか

バデルイブラン、ブロウィン80、スカッシュ、デーモン、スタスイなどで探るもボラスレしかかるのみ

そしてアサシン

流れにのせブレイクラインをゆっくり寄せる

ボラ群れの中をスレへんよう丁寧に

流したラインでレンジプラスまで沈ませたアサシンがブレイクのごろたをノック

大量のボラがラインやルアーをこすりだす

実はさっきからこのラインで

以前にも感じたボラアタックじゃない感触を拾っていた気がする

うまく表現できないが

ボラじゃない感触

いるのはわかっとる…気がする

コンコンっ トンっ! トトトン ズルっ

いろんなノイズの中

くンっ!と引ったくる

気持ち緩く設定していたドラグが引きずられる

少しずつ締めながら久しぶりの手応えを楽しむ

サイズはないが元気いっぱい

手前に寄せライトで確認

シーバス!

浅瀬に上げリーダーを掴み引き上げる

44sswikt79h8o2227og4_920_690-d86488f7.jpg
よしゃ!!

55くらいか?

撮影しグリップを入れフックを外しリリースし元気に帰って行った…

嬉しさ大爆発!!

おチビちゃんだが

一か月以上ぶりの魚に

イメージ通りに出てくれたことに

なによりソル友さんの支援ではじめて成り立つこの一本

リールに、そしてこのアサシンは先日サーフゲームに行く前にレビル将軍ことエスティマさんから頂いたルアー

俺の釣りは

最近でこそみなさんとランデブーさせていただくことが増えたが

基本ひとり

孤独との戦いでもある

ヤルも引くも

全ておのれの判断ひとつ

人生にしても同じ

いろんなアドバイスやなんやも

結局その人間がそれを受けどない判断して動くかは、最終的にその人間が決めていること

金八先生ちゃうけども

「人」の字はひとりの人間が大地に両の脚を踏ん張り必死に立っとる姿やと思う

しかし今日ほど

まわりのみなさんのお蔭で生かされとることを感じられる日はない

「僕にはまだ帰れるところがあるんだ。こんなにうれしい事はない」

ちっちゃいセイゴ一本だが

その価値は俺の中でメーター級?!とまではいかんが、90超えランカーに等しい

ほんまに気持ちのええ一本

ぼげまくり荒んだ俺のこころに

心地いいそよ風が吹き抜ける

ショルダーバッグの重さで肩が痛むが

こころの荷はひとつ降ろされ、すっと軽くなった

ありがとう

せやねん

「ありがとう」やねん

ありがとうございます やねん

けして ありがとうございました じゃない

thank youに過去形がないように

感謝の気持ちに過去形なんかない

俺はこれからも

ありがとうございます!言い続ける

感謝感激雨霰

その後小雨がぽつりポツリと降りだし撤退


これからもおっさんは

こんな気持ちのええ釣りを重ねていきたい

そう思う夜であった




転載元記事:見せてもらおうか、新しいルアーの性能とやらを