今晩からアジングに行こうと思っていたが、最近の寒さで 風邪をひき始めてしまったルパーンです。

いやぁ、それにしても 最近は寒くなってきましたなぁ。

メジナさんもそろそろですなぁ(*´ω`*)

しかし、自分は極度の寒がりである。

どれ位というと、気温が20度を下回ると 基本的に「活動限界」に陥るのだ。

ここで今回 ウンチクシリーズ第2弾!として「冬用の防寒対策」についてウンチクしてみる事にした。

防寒対策には「インナー」「ミドラー」「アウター」「ガマラー」とあるが、個人的に最重要なのはインナーである。

特にオススメなのが
1
ミズノのブレスサーモ(上下)
こいつは でんじろう先生が騒いでる通り「発熱」をよくしてくれる。

少々 お値段が高いが、安いのを何個も試すより ここら辺を買ったほうが 自分の場合はコスパが安い。

とはいえ、なかなか15000円もインナーにはかけらんねぇ!と言われそうなので補足しておくが「よーするに、発熱をしてくれるヤツ着ればオッケー」なのである。

ちなみに裏技として、このインナーの上にホッカイロを貼ると 強制的に発熱します。

そして お次がミドラー。

ミドラーがあると無いでは「矢田亜希子」と「和田アキ子」くらい違う。

ミドラーは空気の層を作り、保温してくれる物なのであります(^^)

つまり「インナーで発熱して」「ミドラーで保温」するイメージですな(*´ω`*)

例えばユニクロのウルトラライトダウン。
とかでも十分いける。(自分は、作業着屋さんで買った、薄手のダウンです)

2
そしてアウター。

アウターは一番外側なので「シャレオツ度」も重視される、結構重要なものである。

とはいえ、最近は釣り業界もシャレオツ度合いは意識しているので、気にいるものが見つかると思います。

アウターに求めるのは「防風性」「防水性」「透湿性」の3つだが、これは沖磯の話しだと個人的には思っている。

オカッパリで 雨降ったら帰る!って人は「防水性」と「透湿性」はいらん気がする。

なので、気に入ったものでオッケーですな(*´ω`*)(そっちの方が圧倒的に安くでき、釣具に回せますからな)

では、なぜ沖磯ではこの3つが必要なのか?

それは、これからのシーズンは西風ビュービュー吹くであろう。
そして、雨が降っても 船が来るまで帰れませんしなぁ…
蒸れたら気持ち悪いでっせ〜…

「俺は晴れてる日しか行かないから大丈夫!」って方、波しぶきがバシバシ飛んできまっせー…

なのでやはり
3 ゴアテックスがええですのぉ(*´ω`*)

なんで こんな事が言い切れるのかと言うと(ここから昔話)

むかーしむかーしの事じゃったぁ。

2月に伊豆の入間に行った時、初めての渡船でのぉ。
初めてのチャカ付でのぉ。
人が落ちゃったんよ…

そして 自分は足場のええところに降ろしてもらったんじゃぁ。

その時は、会社の防寒着の上に2000円くらいのカッパ着ててのぉ、日が出てきて蒸れてきたからカッパを脱いだんよ。

そしたらバシコーン!って 頭から3回ほど波しぶき被ってのぉ…

39度の熱出しながら、8時間掛けて帰ってきて 救急病院に行ったことがあるのじゃ…

懐かしのぉ(*´ω`*)

って事で、皆さんも防寒対策して 風邪ひかぬよう 頑張って冬も釣りしてくださーい(^^)

転載元記事:ルパーン三世の一人釣行記