少し前の釣行記



この時期はリバーシーバスの終盤


落ち鮎絡みのリバーゲームが自然と増えます。



塗ってる場合じゃあねぇ!!!


行くぞ!!!



はい、今回も釣行記です。
今回は珍しくガイド釣行になります。



いつものポイント、いつもの立ち位置。


いつもより低い水位。



チャラ瀬に落ち鮎。



先行者無し。



ラッキー!!!



同行者が到着するまで時間がある。



目の前に美味しい条件があったら我慢できませんよね。



調査目的で数キャスト。



まずはここだよね。



コツンコツン。


まず、1本。


別の流れにキャスト。


ゴッ!


2本目


足元に流し込み。


クッ…


3本目



ん〜〜今夜もいい感じ。


ガイド前に自分も釣っておくか。



チュポッ…



チュポッ…



ニゴイだな。



ポッ…



ヌーーーン



あー、シャローだからゴミにかかったよ。重いな〜〜



岸まで寄せて。
あ、魚だぁ〜〜ニゴイかなぁ〜〜



1




…………。



2


シーバスじゃん。



テールフックの一本がかろうじて引っかかってる程度。



…………。



とりあえず元気が無いので時間をかけて蘇生。


そんな時もあるって!元気出せって!


励ましてお別れ。


ここで同行者が到着、状況、ヒットパターンなど教えガイド開始。



撮影時の灯りと蘇生時の灯りを見て近寄ってくる別の後続者。


場を冷ましてるのを釣り止めたと勘違いしたのか、私の目の前にキャストしてくる後続者。



反応が無くて困ったのかライト照らしまくり、ルアーをチョイス。
こっちまで照らしてくれる。



「釣れる訳ねーべ」


ぼそりと一言。
さすがに頭にきたので牽制キャスト。



ゴッ!!
ガバガバガバガバッ!!!



ここだよ!と見せつけるようにファイト開始!!!



ふっ…




あっ…



まぁ、しゃーないです。
心を乱した自分が悪いのです。



最後は同行者とお祭。


「どっちが悪いの?」


と、同行者に聞かれ


「お互いさまです」


と…
狭い河川、仲良く釣りをしましょう。



この日のガイド釣行は成功。
グッドコンディションを一本釣ってもらって終了。



また別の日のガイドの予行練習みたいなもんです。



ガイド釣行記その2へ続く


3