【次世代のアングラ-を育成する】

 

私が小・中学生だった頃。

 

世の中は空前の「釣りブーム」であった。

 

古くから親しまれていた釣り漫画「釣りキチ三平」はもちろん、「グランダー武蔵」「Mr.釣りどれん」等の名作も生まれた。

 

特にブラックバスをターゲットとしたルアーフィッシングが非常に人気があり、その時から今に至るまで釣りの虜になったアングラーは多いだろう。

 

 

しかし、現在・・・

 

あの頃のブームでは考えられないほど「釣り人」へ向けられる視線は冷ややかだ。

 

その問題の一部は、「外来魚の密放流」と「ゴミのポイ捨て」「釣り禁止場所への進入」等が挙げられるだろう。

 

ルアーフィッシングの人気ターゲットであったブラックバスを家の近くでも釣りたいと、釣り人や釣り具店が放流し、その結果ヘラブナを釣るヘラ師は非常に迷惑している。

 

マルチアングラーの私の客観的な意見は、「ヘラも移植した種じゃん。国内にいた魚なら密放流してもよいの?」と思ったりもするが、そこらへんは追及しても平行線なのでここではその議論は置いておこう。

 

問題は、池や沼、川と幅広い場所に定着できる肉食性の外来魚が蔓延し、日本の在来種が姿を消しているという現状に国も危機を感じ、ブラックバスやブルーギルを「特定外来種」に指定した。

 

しかし、特定外来種になった所で釣りをしていけないわけではないので釣り人はブラックバスを求めて溜池等に侵入する。

 

p1000187
 

さらにはルアーのゴミ等を捨てる・・・

 

dscn3837
dscn3834
dscn3840
dscn3838
 

こうして、世間の人たちは「釣り人はマナーを守らない人種だ」と偏見を向けられるようになっていく。

 

 

私も釣り人の一人として冷ややかな目をされる事があるが、釣り人が皆マナー違反をするわけじゃないと強く訴えたい。

 

しかし、その声は届かないし、仮に大げさなパフォーマンスをして訴えていても、それはあくまで「パフォーマンス」。

 

とどのつまり、一般の方が抱く「釣り人への悪いイメージ」は釣り人の我々の今後の行動で徐々に払拭していかなければならないのだろう。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

先日の事だった。

 

 

私が友人と一緒に釣りをしている時の事だった。

 

dscn5347
 

なにやら、後ろのほうからなにやら気配が感じる・・・

 

 

振り向くが、繁みで見えない・・・

 

 

あれ・・・確かに誰かに見られていたと思ったが・・・

 

 

しばらくしても、消えない気配。

 

 

ん??やはり誰かが見ている・・・

 

 

この場所で釣りをしたいのだろうか?それなら場所を譲ってあげようか・・・

 

そう思って、視線を感じる方に足を運ぶと・・・

 

 

「あ、あの・・・いつもブログと動画見てます!」

 

 

それはハキハキとして、礼儀正しい好感を持てる二人の中学生であった。

 

 

ブログや動画を見て、参考にしてくれているという。

 

 

次世代を担う素晴らしいアングラーに出会えて私も嬉しい!

 

 

その後、しばし彼らと話し、色々と情報交換をし、また川であったら今度は一緒に釣りをしようと約束をした!

 

rscn5595
【左:佐川君 右:横田君】

 

こうした若い世代のアングラーにルールの遵守と、生き物への感謝、釣りの楽しみを教えていくのは大人の大事な役目であろうと実感させられると同時に、若い世代が私達大人を見た時に「あんな大人になりたい」「あんなカッコいい釣り人になりたい」と思ってもらえる釣り人にならなければならないと思った。

 

そのためには、胸を張って「私は正々堂々とマナーを守って釣りをして、自然の美化にも力を入れている」と言える「釣り」をしていかなければならない。

 

「釣り」は釣れるうんぬんの前に、自然に感謝してルールに基づき、魚への配慮をわすれずに、誰とでも仲良くし、お互いを尊重し合う事が大事なわけで、やれ「どのルアーが釣れる」だの、「どれだけ釣れた」だのは二の次であって、それが自然の保全を無視したり、ルールを破ったり等してまで釣って自己満足しているレベルの「釣り」では愚の骨頂であろう。

 

 

きっと彼らはそういった事をきちんと理解し、素晴らしいアングラーになっていくことだろう!

 

そして、こういった次世代を担う素晴らしいアングラーを育てるというのは、熟練したアングラー達の社会貢献と言えるだろう。

 

 

いつも美しい自然のなかで、魚と釣り人がふれあい、皆が笑っていられる環境を作りたい。

 

私は釣り人として「マナー」を守り、魚を大切に扱い、人に迷惑を掛けず、自然の保全に努め、若者を育て、出来うる限り多くの仲間とこの活動を続けていき、いつか「君たちがいてよかった」・・・そういってもらえる日がくるまで、日々着々とこの活動を続けていこうと思う。