それはあるテレビを見ていた時の事だ。

 

名古屋のとある川に、川を埋め尽くすほどの外来魚が大発生しているというものだった。

 

その魚は、泉鯛と呼ばれ、温泉観光地等で温排水を利用し、食用の為に養殖されていた経緯のあるアフリカ原産の熱帯魚であった。

 

しかし、名古屋のこの川は決して温泉地でもないので、温泉は流しておらず、もちろん養殖していた経緯もない。

 

調べてみると、工場から流れる温排水でもって、川の水温が高く保たれている為に、越冬できる環境であるという。

 

色んな要因が重なって大発生しているこの泉鯛・・・

 

養殖していたという事もあるくらいだし、きっと美味しいのだろう!!

 

なんせ「鯛」ですからね!

 

そんなわけで、私は福島県から泉鯛を求め、兄貴のタカを強制連行し、名古屋へと足を運んだのです・・・

 

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

福島を午後8時に出発して、到着が明け方の3時・・・

 

名古屋を流れる都市河川、「荒子川」に到着です!

dscn4255
【左:マチャ 右:タカ】

 

この川に泉鯛が本当にいるのか?

dscn4256
真っ暗で何も見えないが、時折水面をはねる何かの音が聞こえる・・・

 

バスか? ナマズか? はたまた泉鯛なのか!?

 

とりあえず、泉鯛は雑食という話なので、ワームでも投げとくか・・・と、まだ陽も明けないうちから釣りを開始した!

 

dscn4258
 

・・・反応無し。

 

巻物系ルアーを投げてみる・・・

 

dscn4375
異常なし・・・

 

 

おぉい、本当にここか!? 私のリサーチが間違っていたのか?

 

 

しかし、陽が上がるにつれてあらわになる川の様子・・・

 

そして、ついに・・・

 

p1000609
あぁ~!!!

 

あれは!?!??!

 

%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%83%94%e3%82%a2
 

いた~!!!!泉鯛だ!!!

 

俄然やる気になる私達!

 

しかし、一向にルアーに興味を示さない。

 

エサにも興味を示さない。

 

なんだ、いったいなんだってんだ・・・

 

テレビで見てた情報と違うじゃないか!

 

テレビではパンを投げたらピラニアの様に群がってたのに!!!!

 

dscn4260
 

釣れない時間が続く・・・

 

場所も移動しながら歩く・・・

 

dscn4270
 

しかし釣れない・・・

 

いるにはいるのに・・・

 

釣れない。

 

dscn4264
 

時間だけが過ぎていく・・・

 

 

気が付けば5時間も釣れずにいる。

 

真夏の炎天下にただ竿だけ振り続ける二人。

 

名古屋という大都会の中で浮く二人。

 

dscn4353
大都会に不似合な恰好で本気で釣りをするイタイ奴と化した私に、もはや恐怖があるとすれば「釣れなかった場合」に起こるであろう落胆だけだ。

 

必死だった・・・

 

近くを通る人を捕まえて、話を聞くと・・・

通行人A 「釣れんでしょう? 昔はよく釣れたけど、ここの魚はもう何にも反応しないよ。 数年前だったら川が真っ黒になるほどいたから、誰でも釣れたけどね」

 

マチャ「え・・・数年前になにが?」

 

通行人A「工場の温排水を止めて、駆除作業が行われたんよ。 数は激減して馬鹿でもチョンでも釣れる時代は終わったね」

 

・・・

 

・・・

 

なんだと~!!!?!?!?!

 

どおりで・・・

 

通行人A 「近くに釣り具屋あるから、そこなら情報もらえるかもしれん。 言ってみるといいよ」

 

なんだかどん底に突き落とされた気分だ。

 

しかし、釣り具屋なら釣れる場所やら情報を知っているだろうと、一縷の望みを抱きつつ釣り具屋へ向かった。

 

00000000000000318538_0000002211_1
 

店員「あ~、荒子川? 釣れんでしょ? こないだテレビの取材で来てたけど、エサ使っても結局一日がかりで1匹も釣れなかったよ」

「上流なら、6~7㎝の小さいのなら釣れるかもしれんけど」

 

・・・マジか・・・

 

失意落胆とはこのことであろう・・・

 

しかし、ここまで来て手ぶらで帰るわけにはいかないんだよ!

 

捜索を再開した・・・

 

%e8%8d%92%e5%ad%90%e5%b7%9d
 

すると、釣り人発見!

日本人じゃなかったから、話しかけなかったが、この辺には小さなモツゴやらオイカワがたくさんいた!

 

 

周辺を覗いてみると・・・

 

 

あ・・・・いた!

 

大型とは言えないが、20㎝クラスの群れが泳いでいる!

 

持っていたパンをちぎって投げると・・・

 

 

パシャ!

 

食った~!!!!

 

これなら釣れるぞ!!!

 

急いでハリにパンを付けて、上流からキャストした・・・

bandicam-2016-07-19-07-22-40-198
 

そして・・・

bandicam-2016-07-19-07-25-20-740
 

bandicam-2016-07-19-07-24-43-176
パク!

 

食った~!!!

 

フッキングした手が震える!!

bandicam-2016-07-19-07-22-33-620
 

そして・・・

 

・・・

 

・・・

 

釣れた・・・

 

釣れたぁぁあ!!!!!

 

rscn4281
 

rscn4279
これが泉鯛・・・

 

長い闘いだった・・・

 

この泉鯛は、アフリカ原産のナイルティラピアという魚で、日本で食用と養殖する時に、泉鯛と呼ぶようになったらしい。

大型のスポーニングに入っている個体は、婚姻色も出て、オスもメスもカッコいいのだが、今回はこのサイズでもありがたい・・・

 

兄貴を招集し、釣り方を教えると・・・

 

 

釣れた~!!

 

dscn4291
 

その後も、数を稼ぐ為に釣る!

 

dscn4311
 

釣る!

 

dscn4301
 

そして、大型の泉鯛は釣れなかったが、中型をなんとか7匹。

 

苦労の末にようやく見つけたポイント・・・ ようやく釣れたこの魚・・・

 

冒頭でも書いたが、「泉鯛」と呼ばれるくらいだ。

 

さぞ、美味しいのであろう!

 

そんなわけで、この7匹を持ち帰り、食べ見る事にした・・・

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

さて、帰ってきたが、残念な事がある・・・

 

帰ってくる間にほとんどが死んでしまい、生きていたのはたった2匹。

 

エアポンプ付けてたのにな・・・

 

しかし、この二匹をなんとか調理して食べる事にした!

 

dscn4534
 

ここで私の定説があるので、いくつか紹介したい。

①魚はフライにすれば絶対美味しい説。
②魚は唐揚げにすれば絶対美味しい説。
③つまり魚は油で揚げれば何でも美味い説。

・・・うん。信憑性がある。

今回は、ティラピアをよく食べる国で、もっともポピュラーな素揚げと、フライの二種類を作る事にした!

素揚げの場合は、身に☓字に切りみを入れて完成!

 

%e4%b8%8b%e3%81%94%e3%81%97%e3%82%89%e3%81%88
 

あとは揚げるだけ!

 

dscn4547
そして、完成!

 

dscn4548
 

フライは、三枚に下ろし、皮を剥いで、アバラ骨を削いで完成!

 

dscn4536
 

皮は非常に臭いが、身のしまり具合や、捌いた感触等はメバルに近いといった印象だ。

 

dscn4538
 

はじめは臭かったが、ここまで来ると普通の魚に思えてくる。

そして、フライが完成!

dscn4542
dscn4543
 

フライは、そのままでも良いが、せっかくなのでハンバーガーにしてみました!

マチャドナルドハンバーガー第一号
【ティラピアバーガー】

%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%83%94%e3%82%a2%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%ac%e3%83%bc
うん!美味そう(笑)

ソースとタルタルソースをかけたので、もうゴールデンコンビソースだね!

翼くんと岬くんだね!

 

・・・ではいただきます。

 

poteto
 

うん!さすがにポテトはうまい!!

・・・。

いや、ハンバーガー食えよって声が聞こえた気がしたぜ・・・

ハンバーガーを食べる時は、まずポテトからだろ!

では、そろそろいっちゃいましょうか。

ティラピアバーガー・・・

 

%e3%83%9e%e3%83%81%e3%83%a3%e3%80%80%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%ac%e3%83%bc
 

いざ・・

ザクッ!

ふんふん・・・・

 

taberu
 

ふふふふ・・・ふふふふふふ・・・

普通に・・・めっちゃ普通に美味い(笑)

umai
 

ちゃんと言うなら、味があまり主張しない身だ!

ソースとタルタルソースに負けてるといえばそうだが、下手気な白身魚のフライより生臭くなくて、むしろどっちかと言えばアジフライの方が生臭いくらいだ!

それほどタンパクで違和感なく食べられる身だ!

実は絶対マズイだろうと思っていたので、拍子抜けである・・・

うん、これならマチャドナルドの定番メニューに加えても良い気がする・・・

今後、マチャドナルドのメニューはどんどん増える予定だ。

さて、ティラピアバーガーがあまりにも美味かったので、ティラピアが生臭いという先入観はだいぶ拭い去った!

では、本当は恐れていた素揚げにいきますか・・・

%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%83%94%e3%82%a2%e3%80%80%e7%b4%a0%e6%8f%9a%e3%81%92
 

ちょっと勘弁してもらいたいのだが、皮は臭いと聞いているもので、正直食べたくない。

なので、身だけ食べようかと思う・・・

一応ハンバーガーが胃に入っているので、この素揚げがひどく生臭かったら、すべてをテーブルに戻してしまう自信があるのだ・・・

なので身だけ・・・

 

texirapia
では実食!

kowai
ふんふん・・・

うん! 全然生臭くない(笑)

%e7%b4%a0%e6%8f%9a%e3%81%92%e3%80%80%e3%81%86%e3%81%be%e3%81%84
凄い! もしや私の料理の腕が良いのか!?と一瞬間違えそうなくらい、生臭みがなく美味しいのだ(笑)

さすがに、これでメシを食えと言われると怖かったので、炊いていないが、きっと食える。

だって美味いのだから!

・・・ともなると、怖がっていた皮の存在も多少ながら自分の中で受け入れる事もできつつある・・・

うん・・・

あまり気が進まないが・・・

食べて見るか・・・・「皮」

 

%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%83%94%e3%82%a2%e3%80%80%e7%9a%ae
 

・・・では・・・

 

%e7%9a%ae%e3%80%80%e9%a3%9f%e3%81%b9%e3%82%8b ・・・うぅぇヴぇ!!!!

 

%e3%81%a0%e3%82%81%e3%81%a0
 

ちょっと待った!!!!

ストップ・・・

・・・・・

・・・・

・・・・・・もう皮は食わない。

硬い上に、皮の下の脂身が、なんとも生臭いのだ・・・

ティラピアが美味しいだけの魚かと思いきや、やはり皮には要注意だ。

ともあれ、それを除けば本当に美味しい魚だ!

泉鯛と呼ばれる由縁がようやく理解できた!

ティラピアが特定の場所では大繁殖して生態系に著しく悪影響を及ぼしている場所があるようです。
どうでしょう、地方自治体の方達!ティラピアをただ駆除といった形で殺すだけでなく、料理にして提供してみては・・・

ティラピアはとても捌きやすく、皮さえ剥げばとても美味しい魚です!税金を使って駆除して、ただ殺すのではなく、この泉鯛の新たな魅力を伝え、いっそのこと駆除を兼ねて食用にしてみては!
近年、命の大切さを履き違えている活動が多くあります。外来魚を殺す事が在来種の命を守るといた図式を広めないでほしいのです。
外来種も皆尊い命を持っています。その命をぞんざいに扱ってしまって良いといった風習を私は無くしたい。
外来魚の存在を肯定しているといった事ではなく、もっと根本にある「命」についての考えです。
どうせ奪う命なら、無駄に殺さず、せめて何かに利用するくらいの気持ちは持ちたいものです。
私は釣り人の皆さん達とその事を訴え続けたい。

ティラピアは想像以上に美味しかったので、機会があれば是非食べて見てください!

 

%e3%83%9e%e3%83%81%e3%83%a3%e3%80%80%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%83%94%e3%82%a2%e2%91%a1