朝からパタパタしていた今日。

釣りに行きたいが、やはり釣りに行けない…

なら!

修行(練習)に行こう!

この前買った練習用のラインをすっかり巻いておらず…

買い物もあったので釣具屋さんで巻いてもらう事にしました。

1
どこに行こうか3秒ほど迷い、根岸に行く事に決定。

本来なら、練習といえども最低 地磯に行くべきであろうが、三浦に行くのに高速を使うと、往復3000円弱かかるので、あっさり却下しました。

3000円あれば、オキアミ3枚買えちゃいます(笑)

高速代<オキアミ

考え方がアホである…

2
現地に着くと、風が右から左に、潮はカメ並みの速さである…

俗に言う「愛の無い海」だ。

んじゃここで何をやるかというと、このカメ潮に仕掛けを流すのである。

そして、仕掛けを張りながら、しっかりとタナ取りながら流すのである。(笑)

しかも、コマセも撒かず!餌もつけず!

正に奇行といえよう!

しかも、岸壁にしっかりと磯ウェアを着込み、変更グラスまでかけているので、周りのじい様達からは「奇人変人」の扱いだ。

そんな目は気にせずに

ライン1.5

ウキB

ハリス1.7

ハリ 5号

ガン玉、ザクザク

こいつから始める。

さすがにこの海では重い仕掛けのため、カメ潮に流すのは難しい…

といより無理である(ならやるな!)

しかし自分のパイロット的な仕掛けなもんで、避けては通れないためこいつでしばし練習。

馴染んだら入る仕掛けなので、どうしても手前に寄るが、一定のタナをキープするのに集中する。

ここで本日の最重要な課題の仕掛けの張りであるが、ラインメンディングを完璧にやらないと一定のタナをキープできない。

そして、これがスーパー難しい…

こんな事を一時間やり、次はG3にウキを変え同じように練習。

相変わらずガン玉はザクザクである。

これでもやや重いが、これだと流せるので、一定のタナをキープして今度は流す。

流すと言っても伊豆のガンガン流れるのをイメージしてはいけない。

あくまでもこの「カメ潮」に流すのである!

目標は5メートル!

仕掛けが軽くなって、さらに難しさは増す…

右からの風が邪魔をし、仕掛けを馴染ますのも大変だ。

夕日が綺麗だなぁ(*´ω`*)

3
こんな時間にコマセも付け餌も持たず、ただただ目の前のカメ潮に仕掛けを馴染ませ、一定のタナをキープしながら仕掛けを張り、そして流す。

もうドMの世界である。

最初は上手くできないが、何回かやると1メートルくらいできるように。

これがだんだんと出来てきて、なんとか目標の5メートル達成!

まだまだ上手くはないが、竿の向き、ラインの置き方、仕掛けの張り具合など、しっかり練習出来た1日でした(o^^o)

次回は、米ぬかを精米所からかっぱらってきて、コマセ撒きながらやってみます( ´艸`)

Contributor is ルパーン三世