さて、今回はブローウィンの塗装の過程をお見せしたいと思います。

今回やっと簡単な部類の塗装技術をお見せします。
 
最初に紹介すべき内容なんですが(汗
 
その技術の名前は「ベタ塗り」
 
ベタ塗りとは、グラデーションや透かしなど考えずに単色で塗るだけの事です。
 
いたってシンプルな技術です。
 
もしエアブラシで同じようなことにチャレンジしている方がいるようでしたら、まずこれから習得したほうが無難です。
 
今回、塗る色はチャート。
ド派手な黄色がいいと、持ち主の方からリクエスト頂いたので依頼どうりに調色します。
1
作った色はこちら。
 
写真に違うメーカーの塗料が写っていますが、混ぜても問題ありません。
同じラッカー塗料なら調合可能です。
 
ちなみにこの塗料になります。
2
塗料皿に少し黄色を分けて、緑を足します。これは背中に塗るためのカラーにします。
 
では、さっそくルアーの塗装に入りたいと思います。
 
まず、白を全体に厚く塗ります。
これで下地塗装はOKです。

ムラにならないようにだけ注意をしてもらえればOK!

3
次に先ほど作った黄色を同じように全体に厚く塗ります。
これもムラにならないように塗るだけでOK!
4
次に背中を緑に塗ります。
これも同じように…と言いたいのですが、ひと手間加えます。
 
黄色を塗った後によく乾かして、これらを使ってアレンジ!
5
すべてダイソーで買えます。
 
マニュキュアようのキラキラしたやつに、それをくっつけて貼れる不思議な鉛筆に、メッシュケース。
 
まずはメッシュを分解します。
(ごめんなさいダイソーさん!)
6
これを乾かしたルアーに巻きつけます。
7
ぴったり密着するように下を安全ピンで留めます。
 
ここに緑にを塗ると…
8
鱗状に塗れます。お手軽で見栄えのいいマスキングの技術の一つです。
 
次にお腹を塗ります。
お腹は黒がいいとのことでしたので、マスキングして、塗ります。
 
フリーハンド塗った場合、はみ出して見栄えが悪くなるのでしっかりマスキングします。
9
ここで注意!そのままマスキングテープを塗装中のルアーに貼ると、後で剥がした時に色剥げがありますので、手に一回貼るなどして粘着力を少し落としたほうがいいです。
10
で、黒を塗って、テープを剥がすととこんな感じです。
11
これでほぼ完成です。
 
後はクリアーを塗って乾かして目を貼るだけです。
12
今回は目にもひと手間加えます。
 
目の下のシートを剥がして、透明な部分だけにします。
 
ルアーの目の嵌る部分を筆塗りで赤を塗ります。
 
乾いたら中心部分にクリアをちょんと置きます。
 
その上に、マニュキュアのキラキラしたやつを鉛筆にくっつけて置きます。
 
少し乾かしたら接着剤を塗って目を嵌めます。
 
以上
13
14
15
角度によって目の中心が光ってみえます
今回はベタ塗り中心なので、比較的簡単だったと思います。
では、また!
転載元記事:秋田シーバス Aji-can